フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その2:首里金城町石畳道) »

2012年3月29日 (木)

沖縄で感じたこと(その1:識名園)

平成24年2月15~16日。沖縄にちょいと行ってきた。今回は、前回行けなかった世界遺産と戦争関連の施設を見学することにした。それでは始まりである。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2月15日。昼過ぎに沖縄に着くと、国際通り近くのホテルに荷物を置いて、早速街に繰り出した。まずは識名園に行くことにする。識名園にはバスで行く。国際通りの入り口近くのバス停からトコトコやってきた。

P1080439

P1080440

ここが入り口である。

P1080441

識名園は、世界遺産である。第二尚氏時代に作られた庭園であるが、その中の建物はほとんど沖縄戦で破壊されてしまった。その後、復元されたものである。

P1080442

早速、散策しよう。。。

P1080443

まず左手に見えてきたのは、番台という建物である。

P1080444

そして、右手に通用門が現れた。

P1080445

いかにも亜熱帯という雰囲気の木々が生えている。

P1080446

こちらが、正門らしい。門の外は住宅地で、内側は亜熱帯の林と不思議な空間になっている。

P1080447

P1080448

順路を進むと、視界が開けてきた。

P1080449

でっかい池が見えてきた。

P1080451

P1080450

こちらは育徳泉という。池の水源の一つだ。特筆すべきは、ここに生える淡水性の紅藻、シマチスジノリが特別天然記念物ということだ。

P1080452

P1080454

P1080453

シマチスジノリはよく分からなかったが、カダヤシが泳いでいた。

P1080455_2

なんか凄い橋やなあ。。。

P1080456

御殿(うどぅん)という中心的な建物が見えてきた。

P1080458

靴を脱いで上がれる。

P1080459

これは園内で拾われた沖縄戦で使われた砲弾の破片と思われる物体だ。言葉が出ない。

P1080461

P1080462

御殿から庭園全体を眺める。なかなかのものだ。

P1080463

かつて中国からの冊封使を迎えた一番座だ。

P1080465

P1080464

お台所だ。

P1080466

中庭ですな。京都なんかで見るのとは、えらく印象が違う。

P1080468

再び庭の散策をする。

P1080469

P1080470

さっき見たごつごつした橋を渡る。

P1080471

六角堂が見えた。

P1080472

中国っぽさがある。

P1080474

高台から庭を望む。

P1080475

P1080476

滝口?

P1080477

これかっ!?池の水が樋から落ちているだけだ。

P1080478

P1080479

池を離れ、再び林の方へ進む。

P1080480

沖縄戦で掘られた壕があるそうだ。

P1080481

確かに穴があった。

P1080482

勧耕台碑なるものがあった。19世紀に冊封使が尚育王を讃えたものである。もともとの碑は戦争で破壊されたため、1980年の復元である。

P1080485

勧耕台という展望所である。

P1080484

那覇の街が一望できた。

こうして、識名園の散策を終えたが、所々戦争の傷跡が見えて、多少ショックであった。

« 九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その2:首里金城町石畳道) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その2:首里金城町石畳道) »