フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長府を歩く(その3:乃木神社) | トップページ | 京都迷宮入りⅩ(その1:染殿院、誓願寺、矢田寺) »

2012年3月12日 (月)

長府を歩く(その4:忌宮神社)

忌宮神社(いみのみやじんじゃ)にやってきた。

P1080296

P1080297

忌宮神社は式内社にして、旧官幣小社、長門国二宮という、なかなかの神社である。ご祭神は、仲哀天皇、神功皇后、応神天皇である。仲哀天皇が熊襲平定の際、行宮とした場所だそうだ。当初は、仲哀天皇のみが祭祀されていたが、後に神功皇后と応神天皇が祭られたそうだ。それぞれが神殿を持っていたが、火災のため、神功皇后を祭る忌宮にすべて合祀することになったことから、その名がある。

P1080298

鬼石なるものがあった。

かつて、ここを攻めてきた新羅の武将を討ち取り、その首を葬った場所だそうだ。ただの石にしか見えない。

P1080301

P1080302

ほなお参りしまひょ!

P1080303

摂社で八坂神社があった。監督が呼ぶので、行ってみると、祭神を見よという。。。

八坂神社といえば、スサノオノミコトだろうが、その他にもやたらと神々が祀られていた。中には菅原道真の名も・・・

P1080295

境内の奥には、蚕種渡来之地を記念する碑が立っている。三代実録によれば、仲哀天皇の治世に、秦の始皇帝の子孫がやってきて、蚕の卵をもたらしたそうだ。それを記念して、建てられているのである。

なかなか歴史のある神社だが、社が新しく、雰囲気はあまりなかった。

こうして、長府の散策を終えた。

« 長府を歩く(その3:乃木神社) | トップページ | 京都迷宮入りⅩ(その1:染殿院、誓願寺、矢田寺) »

山口県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長府を歩く(その3:乃木神社) | トップページ | 京都迷宮入りⅩ(その1:染殿院、誓願寺、矢田寺) »