フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅩ(その5:宝泉院) | トップページ | 九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉) »

2012年3月26日 (月)

京都迷宮入りⅩ(その6:寂光院)

寂光院にやってきた。

P1080417

寂光院は天台宗のお寺で、山号を清香山、寺号を玉泉寺という。

P1080418

寂光院といえば、建礼門院が平家滅亡後、出家し隠棲した場所である。また、大原御幸の舞台として有名である。

P1080419

P1080421

こっちは茶室のようだが、そのままスルーして石段を上がる。

P1080420

P1080422

P1080423

さっそく本堂が見えるが、新しい。

それもそのはず、2000年に放火され、焼失したのだ。ひどい奴もいたもんだ!前の本堂は淀君の命で建てられた歴史有る建物だったのが、今のものは、2005年の再建である。本堂の焼失時、本尊の地蔵菩薩(重要文化財)も建礼門院像も阿波内侍像も燃えた。したがって、これも新しく作られた。本堂の見学をしたが、真新しい堂内に、文化財を大事にしない放火犯に怒りを覚えた。この放火犯は逮捕できないまま、時効を迎えてしまったそうだ。

腹立つなぁ~ヽ( )`ε´( )ノ

ところで、阿波内侍とは、建礼門院に仕えた女房で、一緒に出家した。大原女のモデルとも言われている。

P1080424

P1080425

P1080427 

この木は、姫小松という。2000年放火事件の際に被災し、こんな哀れな姿になってしまった。現在はご神木として祀っているそうだ。

P1080428

P1080431

湧き水か・・・

P1080432

寂光院の見学を終えた。歴史の有る寺であるが、肝心なところが燃えてしまったので、何とも残念な気持ちになった。

この後、京都中心部に戻り、JIN氏の案内でとある甘味屋にはいり、

P1080433

一服し、今回の散策を終えた。

« 京都迷宮入りⅩ(その5:宝泉院) | トップページ | 九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都迷宮入りⅩ(その5:宝泉院) | トップページ | 九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉) »