フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館) | トップページ | アンコール旅行記(その25:プリア・カンⅠ) »

2012年1月30日 (月)

アンコール旅行記(その24:遺跡巡りはトゥクトゥクで・・・)

アンコール博物館からホテルに戻ったあと、間髪をいれず、遺跡めぐりに出かける。

ホテルのドアマンにトゥクトゥクを頼む。JIN曰く、ホテルから頼むと、正規ドライバーが来るということだ。このへんは5つ星やねぇ。。。

Dsc00623

ほな出かけよう・・・。

Dsc00624

途中でドライバーが急に停まった。

何が起こるの?

Dsc00626

沿道には、黄色い液体を酒瓶?に入れて売っていた。

Dsc00625

ほぉ!ガソリンか・・・。ガソリンスタンドやったわけね。

Dsc00627

再びGO!風が気持ちいい。。。

Dsc00630

おや?

Dsc00631

象さんやん!

アンコール・ワットの環濠前で再び停車した。何?

どうやら、別の道を行けば、トンレサップ湖で、ここはとってもいい所だから行かないか?と行っているようだ。正規ドライバーとはいえ、こういう営業はしっかりするのね?

トンレサップ湖も魅力的だが、あいにく我々はまだ遺跡に飢えているのだ。JINが断固として拒否すると、ドライバーも納得して、遺跡巡りに行ってくれた。営業はするが、ひつこくはないなあ。。。一瞬、強引にトンレサップ湖に連れて行かれて、いや~な思いするのかなあ?と感じただけに、あっさり引き下がり、約束を守る姿勢には好感を覚えた。

ちなみにJINが交渉する間、私は「逃げちゃ駄目だ!逃げちゃ駄目だ!」と怯えていた。

やがて、南大門が見えてきた。

Dsc00632

Dsc00633

Dsc00634

一昨日はじっくり歩いた道も今日は一瞬に通り過ぎていく。

Dsc00635_2

南大門、さようなら~ヽ(´▽`)/

Dsc00636

猿や!これは猿やで!

Dsc00637

バイヨンもあっという間・・・

Dsc00638

象のテラス。ほほお!こうなってたわけですな!

Dsc00639

Dsc00640

北大門を抜けた。

やがて、トゥクトゥクはプリア・カンについた。

« アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館) | トップページ | アンコール旅行記(その25:プリア・カンⅠ) »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館) | トップページ | アンコール旅行記(その25:プリア・カンⅠ) »