フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« アンコール旅行記(その22:ディナーはナイト・マーケット周辺で・・・) | トップページ | アンコール旅行記(その24:遺跡巡りはトゥクトゥクで・・・) »

2012年1月26日 (木)

アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館)

平成23年9月3日。四日目、最終日である。今日は出国まで時間があるので、最後の悪あがきをする。

ホテルで朝飯を食ったら、最初の目的地であるアンコール国立博物館だ。ここはツアーに含まれていないが、ガイドのP氏が個人的に連れて行ってくれるという話になった。ホテルからP氏が送ってくれた。

Dsc00618

Dsc00617

アンコール国立博物館である。新しそうで、かなりきれいだ。それもそのはず、2007年にオープンしたばかりなのである。

中にはいる。早速、チケットを購入する。おっ!?クレジットカードが使えるのか・・・

使ってみた。カンボジアではあまり使わないほうがいいかと思ったが、国家の施設で不正もないやろう踏んで、使用した。平成24年1月現在で被害にはあっていない。

ここで、P氏と空港への送りまで、お別れである。何でもガイドさんは客をここに連れてくると特典があるらしい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

受付のお姉さんに促され、階段を上る。2階から見学するのがコースのようだ。生憎、撮影禁止のため、画像はない。

2階へ上がると、まずはシアタールームに通される。ここで博物館とクメール文明について紹介映像が流れる。ちょうど私たち二人だけだったので、日本語を流してくれた。

映像を見終わると、早速見学である。

まずは千の仏のギャラリーに入る。ここは見渡す限り、仏様である。眺めていると、かなり古いものから比較的新しいものまで様々である。しかも、一体一体表情があり、日本の仏様とは印象が違うので、いくら見ていても飽きない。きっとお気に入りの仏様が貴方にも見つかるでしょう。。。

あまり見ていても、この後の時間が惜しいので、後ろ髪を引かれつつ、涙を呑んで、ギャラリーを出た。

この他、2階には、古代クメール文明を学ぶコーナーや宗教的な観点から考えるコーナー、偉大なクメール王に関するコーナーがある。

1階に下りる。

1階は、アンコール・ワットに関するコーナー、アンコール・トムに関するコーナー、石碑などのコーナー、古代の衣装に関するコーナーがある。

基本的に仏像、ヒンドゥーの神像などの石像、石碑と石ばかりである。ずっと見ていると、飽きてきそうだが、さすが博物館に展示されているものは、状態がよいので、全く飽きない。正直、もっとゆっくり見ていたかった。配置も見苦しさはない。ただ、どこを見ても石なので、どこを見て、どこを見ていないか分からなくなることがあるのが、難点だ。

とにかく非常にきれいな博物館である。ところどころ、展示物について説明する動画が見れるようになっており、じっくり見学すればかなり面白いと思う。動画は日本語もあるので、安心だ。

こうして、すっかり勉強して、いい気分になって見学を終えた。

この後、いったんホテルに帰った。

« アンコール旅行記(その22:ディナーはナイト・マーケット周辺で・・・) | トップページ | アンコール旅行記(その24:遺跡巡りはトゥクトゥクで・・・) »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンコール旅行記(その22:ディナーはナイト・マーケット周辺で・・・) | トップページ | アンコール旅行記(その24:遺跡巡りはトゥクトゥクで・・・) »