フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« アンコール旅行記(その15:バンテアイ・スレイ) | トップページ | アンコール旅行記(その17:プノン・クーレンⅡ) »

2012年1月 5日 (木)

アンコール旅行記(その16:プノン・クーレンⅠ)

バンテアイ・スレイから車でしばし走る。目的地はプノン・クーレンという山である。プノン・クーレンとは「ライチの山」という意味だそうだ。

この山は、昔から聖地と崇め奉られている。802年にジャヤヴァルマン2世が神王として、この地で即位し、アンコール朝が始まったからである。

ということで、ここには寺院や遺跡がある。実に楽しみだ。

入山口で入山許可をとってもらう間、トイレに行った。大層残念なトイレであった。

山道を揺られ、寺院(プリア・トム)前に着いた。

P1070714

参道の入り口で子供に捕まる。。。このあと、右の子供だけ着いてきた。

P1070716

途中で、ガイドのP氏が屋台のとうもころしを勧めてきた。

P1070717

いただきましょう!

味は薄いが、もちもちしてなかなか美味かった。

P1070715

そして、こちらも勧めてきた。

蟻である。

・・・動いてるし。。。

さすがにもぞもぞしている虫(白いのは幼虫)はへたれなので食えなかった。勇気を持って食っとくべきであった。。。

P1070718

ガルーダとナーガが合体したような、けったな石像が2対でたっていた。

P1070719_2 

そして、謎の石像。。。

P1070720

ここから階段を上がっていく。両サイドの象さんが気になる。

P1070721

にぎやかだ。

P1070722

烏天狗?ガルーダか・・・?

P1070723

虎やー!

P1070724

なんか色々売ってるなあ。。。

P1070725

そうそう!こういうの必要やもんね

P1070726 

なかなか長い階段ですなあ。。。今度は両サイドにナーガか・・・

P1070727

Dsc00418

やっと着いた。

P1070728

石の上に金ぴか様がおられるよ!

P1070729

やや!この建物は?

P1070730 

インドの方々が涅槃仏に参拝しておられた。

P1070731

P1070732

でっかい岩があるぜ!

P1070734

おお!リンガに水をかけているところ、初めて見た!

P1070735

めちゃくちゃのり良く、踊って見えるなあ。。。

いえ~いヽ(´▽`)/

P1070736

ここの岩と岩の隙間は・・・。

・・・てか、どうなってるの、これ?

Dsc00426

そら、坊さんも花を売るわ!そらそうよ!

Dsc00427

岩の下にはありがたい仏像が陳列されていた。

P1070738

仏像が並んでいた石の向かいの巨石には階段が設置されており、上に上がれる。上にはお堂が見える。

P1070750

ちなみに階段の下には金ぴかが並ぶスペースがあった。インドの方々が真剣に参拝していたので、聖なる場所なのだろう。。。

さっきからインドの人がやたら多いなあ。。。

Dsc00428

上りまっせ!

この階段からは土足厳禁なので、階段下で靴を脱いでいく。いささか靴が心配だなあと思っていると、さっきから着いてきた少年が番をしてくれた。見学後、P氏がチップを渡していたから、参道の入り口でビジネスが成立していたようだ。だから、着いてきていたのか・・・

P1070741

岩の上のお堂に入る。

Dsc00429

ぬお!?これは涅槃仏?

Dsc00430

涅槃仏の前には、小さな仏像がたくさん並んでいた。

Dsc00431

あれ?下のほうにも仏さんの顔がおるげ!

Dsc00432

頭側から・・・

Dsc00435

どアップで・・・

Dsc00436

裏側・・・

P1070746

うげ!いつの間にか大雨になっとる!靴が大変なことになっとるのでは?

P1070748 

金を供えている。

よく見れば、そこかしこで、お祈りをする現地の人々がいた。さすがに聖地である。

Dsc00440

雨が止んできたので、下に降りた。どうやらスコールだったようだ。といっても、階段はびちょびちょなので、当然足は濡れまくりである。

靴は少年がベンチの下に入れてくれていたので、無事だった。やるな!

しばし、散策すると、奥に

P1070751

祈りのスペースがあり、皆さん熱心に拝んでおられた。

P1070752

石に木の根がぐわぁーっと張っていた。

Dsc00442

あれっ?これは何?

Dsc00441

米を使ったお菓子だそうだ。はっきり言ってめちゃくちゃ美味かった。

P1070754

ヤドリギか?トナカイの角みたい。

P1070755

寺院の見学を終え、参道を戻る。

P1070756

猫やー!

P1070757

P1070758

P1070759

P1070761 

いつものとおり、動物を撮ってはしゃぐ私であった。

« アンコール旅行記(その15:バンテアイ・スレイ) | トップページ | アンコール旅行記(その17:プノン・クーレンⅡ) »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンコール旅行記(その15:バンテアイ・スレイ) | トップページ | アンコール旅行記(その17:プノン・クーレンⅡ) »