フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« アンコール旅行記(その17:プノン・クーレンⅡ) | トップページ | アンコール旅行記(その19:ベン・メリアⅠ) »

2012年1月11日 (水)

アンコール旅行記(その18:プノン・クーレンⅢ)

いよいよ昼食が近付いてきた。

P1070792

車は停まり、しばし徒歩である。

P1070793

おっ!鶏!

Dsc00469

そこらに小屋が点在している。この先には滝が二つあり、そこでは地元の人が水浴びしている。小屋は休憩場所だ。その他、果物屋や飲食店がある。ここは地元民の憩いの場所らしい。

Dsc00471

そんなところにも遺跡がある。

Dsc00470

川底にヴィシュヌが彫られているのだ。

Dsc00473

橋を渡る。

P1070799

Dsc00475

川向こうにも遺跡が点在する。

P1070800

P1070803

蟻ですやん!

P1070804

P1070805

おろ!?

P1070807

密かに仏さんがおった。

P1070808

うむ、瓦礫ですな。

P1070809

滝があった。その先の滝つぼでは、水浴びする人々がいた。

P1070810_2

楽しそうだなあ。。。

P1070812

ということで、やってきました。靴を脱いで、裾を捲り上げて、川に入ってみた。う~ん、気持ちいいねぇ。。。

・・・!?

JINが杭が立っているところにある、微妙な隙間にはまった。後で見ると、生爪が剥がれていた。痛そう。。。そんなときは絆創膏!柳川で絆創膏のことをサビオって言ったら通じず、リバテープとか言われたのは余談だ。

P1070813

靴を履いて、もう一つ下の滝まで行ってみる。

P1070814 

P1070815

P1070822

こっちは人がいなくていいなあ。。。

P1070823

ほな戻ろう!

P1070826

P1070827

いよいよ昼食である。とある飲食店に入る。

今回はツアー会社が弁当を用意してくれた。この会社は日系らしく、いかにも日本的な弁当だった。

P1070829

なかなか美味かった。

P1070830

お豆のジュースを飲んだが、微妙な味がした。

P1070831

ガイドのP氏がナマズ?のスープをくれた。魚自体は淡白な味であったが、ええ出汁はでていた。

P1070832

飯も食ったし、次の目的地にいきますか!

« アンコール旅行記(その17:プノン・クーレンⅡ) | トップページ | アンコール旅行記(その19:ベン・メリアⅠ) »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

誰が言ったか知らないが、隙間研究家です。
38度の熱を出しながら拝読しています。。。

あの爪剥がれたのは痛かったぞ(泣) 確か、地元女子と水遊びしたあとか先か…

ちなみに、なまずスープはライギョだっみたいだね。
昨晩テレビでしてたよ

このあとも色々あったねぇ~!

38度もの高熱ながら読んでいただきありがとうございます!
・・・ってか、#JIN_nero
そして、熱のせいか妄想がありますねぇ。。。
地元女子と水遊び?そんなフラグ立ってなかったぞ!
そして、貴方が人気あるのは、子供と婆です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
やはり、あの魚は雷魚でしたか・・・
そんな感じはしてましたね。ってか、食ったときに、僕ちん言いましたよね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンコール旅行記(その17:プノン・クーレンⅡ) | トップページ | アンコール旅行記(その19:ベン・メリアⅠ) »