フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« アンコール旅行記(その21:ベン・メリアⅢ) | トップページ | アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館) »

2012年1月24日 (火)

アンコール旅行記(その22:ディナーはナイト・マーケット周辺で・・・)

いったん、ホテルに帰ってきた。ここでツアーは終了である。ここで、ガイドのP氏が仕事は置いておいて、折角だから地元の料理を食べに行こうと誘ってくれた。いったん、会社に帰るとのことで、しばらくホテル待機となった。

ちょいと休んで、待ち合わせ時間になった。ロビーで待っていると、P氏がきた。早速、夜の街へ繰り出す。ホテル前からトゥクトゥクに乗り込む。地元民のP氏と一緒なのでぼったくられる心配もない。

やがて、ナイト・マーケットの周辺にやってきた。

Dsc00598

食べ物屋さんが立ち並び、かなり賑やかだ。

P1070971

P1070972

ほほぉ、ここで食材を調達して、バーベキューするのか・・・

P1070974

この水槽は何かというと、昔、日本でも話題になったドクター・フィッシュだ。流行っているのか、やたら店があった。西アジア原産の魚らしいが、これは本物かなあ・・・?

夕食を食べる店は大繁盛であった。空くまでしばし、散策することになった。

Dsc00606

ちなみにこの店は、トゥーム・レイダーの撮影のとき、アンジェリーナ氏が通っていた店だそうだ。アンジェリーナ氏のファンであるJINは鼻息を荒くした。

P1070975

P1070976

ナイト・マーケットだ。ナイト・マーケットは2007年3月にオープンしたマーケットである。夕方から深夜まで開いている。マーケットとは言うものの、もろ観光客向けのお土産屋街といったところである。

P1070977_2

マーケットの入り口前には謎の象の像があった。ここで、P氏としばし別れ、お土産を物色することになった。

P1070978

そうそう、、、やっぱり蠍酒は要りますよねぇ・・・?

とか言いながら、買う気もなく、スルーする我々であった。

胡散臭いものがやたら売ってあったが、結局、カンボジア・ティータイムという会社のノム・トム・ムーンというお菓子を買った。日本の会社なのであるが、カンボジアのために地元の人を雇用して、カンボジア伝統のお菓子を製作販売しているそうだ。販売人が日本人の女性であったので、色々聞いた。決して、この会社の回し者ではない。試食でまあまあ美味かったので、職場の土産にちょうどいいなと思い買ったのだ。カンボジアには似たような店があったが、あちらははっきり言って不味かった。店の名前はあえて言うまい。

この販売員の女性、犬を飼っていたが、太郎という恥ずかしい名前であった。日本に帰ったら改名しようかな?とか言っていた。その他、クメール語版のドラえもんにちょいと惹かれたが、購入は控えた。

Dsc00610

屋台の食べ物が気になった。パン・ケーキだそうだ。

P1070981

で、食ってみた。私が食ったのが卵で、JINがバナナである。途中で交換したが、卵のほうが意外性があって、美味かった気がする。JIN氏はどうだったろう?

P1070979

いよいよ夕食の時間である。左上のピンクい魚が気になったので、P氏に注文してもらった。とっても糞不味そうな色をしているが、どんな料理になるのやら・・・?

Dsc00611

こんな料理になった。

いい仕事してますね~、美味しいですか?

どうぞ。この美味さは食べんと分からん、分からん。

・・・ま、とりあえず、びびりながら食ってみる。

う~ん、味がピシャッとついと~(◎´∀`)ノ

美味いやんか~いヽ(´▽`)/

甘酸っぱいスープが絶妙である。ちょっと間違ったら糞不味いこと請け合いなのだが、なんとも絶妙なバランスである。こんな味、初めて食べた。いったい何を使っているのだろう?料理好きのJIN氏も首を傾げていた。

Dsc00612

何か鍋が用意されたぞい!?

Dsc00614 

ほほお!?鉄板焼きと鍋が同時に楽しめるのか?これは面白い。

味も美味かった。あまりの美味さにバクバク食った。主に野菜を・・・。

私とJINがあまりにも野菜の食うので、P氏が笑った。でも、この野菜、美味いよ?

P1070983

鍋にはこの謎の漬けダレを漬ける。酸味が利いて美味いもんは美味い!

腹いっぱいになった。P氏の分は当然、おごりだ。プライベートで付き合ってくれたんやからね。本当に美味かった。JINは実はまた体調が優れず、当初はあんまり食べないからと言っていた。しかし、意外な美味さにより結構食べることができた。そのおかげか明らかに顔色が良くなった。

帰りはトゥクトゥクに乗っていたら、マッサージ屋に行こうという話しになり、急遽足ツボをすることになった。 気持ちいいのやら、痛いのやら、、、

ま、足が楽になったような気がする。

こうして、ホテルに帰った。

P1070990_2 

ホテルの廊下にやたらでかいカタツムリが落ちていた。

« アンコール旅行記(その21:ベン・メリアⅢ) | トップページ | アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館) »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

私はアマトーである!バナナが旨かったよ。
屋台のなべ、ここ日本では出会えないものだね。
多分、ニョクマムがいい味を出してたと思われる

ほほお
JIN氏がバナナですか?そういや甘党大王やったね。
僕はJIN、ぎーさん、うちの親父に比べれば、
甘いものが苦手ですからねぇ。。。
如球磨無(ニョクマムで変換したらでてきた)でしたか?
さすが、茶JIN!よー知ってはるわ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンコール旅行記(その21:ベン・メリアⅢ) | トップページ | アンコール旅行記(その23:アンコール国立博物館) »