フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅨ(その1:京都国立博物館) | トップページ | アンコール旅行記(その1:導入) »

2011年11月15日 (火)

京都迷宮入りⅨ(その2:広隆寺)

まことに恥ずかしいことに、美術好きを自称する私だが、国宝の中で最も有名といってもいいのではないかと思うが、広隆寺の弥勒菩薩を見たことがない。

ということで、、、

P1070166

やってきました!広隆寺!

P1070167

P1070168

仁王門には立派な仁王様が・・・

P1070169

おやおや?あまり人がいないなあ・・・

こんな糞暑い中、参拝する人も珍しいのかな?

P1070171

まずは講堂。

P1070172

P1070174

太秦殿。

P1070184

そして、本堂である。

P1070185

P1070186

さて、広隆寺であるが、真言宗系の単立寺院である。山号は蜂岡山という。大変歴史のある寺で、平安遷都以前からあったそうで、京都最古の寺ということだ。なお、渡来人秦氏の氏寺でもある。

そして、かの有名な弥勒菩薩半跏像を保有する寺なのである。

P1070177 

弥勒菩薩はこの先にある。左手に見える受付で拝観料を支払うと、いざ行かん!

P1070178

弥勒菩薩が展示されている霊宝殿は右に曲がるらしい。

P1070179

P1070180

霊宝殿である。

では入ってみよう。。。例のごとく、写真撮影は禁止である。

・・・すごい。。。

としか、言いようがない。

弥勒菩薩であるが、引き込まれるような独特の魅力がある。素晴らしい。さすが国宝である。

弥勒菩薩像は7世紀に製作されたそうだ。韓国にもよく似た像があるらしく、この弥勒菩薩も朝鮮半島で作られたという説がある。日本で製作されたという説もあり、未だ議論中の問題である。う~ん、ロマンがありますなあ。。。

霊宝殿には、もちろん弥勒菩薩以外の仏像も展示されている。いずれも素晴らしい仏像であり、見学中、私の鼻息は荒かった。なんで、今までこれを見なかったのだろう?人生損してたな

P1070181

霊宝殿からでてくると、美しい花が咲いていた。

P1070182

美しいね!

P1070183

すっかり美に毒気を抜かれた私は、嵐電に乗り、家路につくのであった。決して、このあと、日本橋などには行っていない?

これにて、岡山から始まった夏の帰省シリーズは終わりである。次回からは、大作?が始まるよ。。。

« 京都迷宮入りⅨ(その1:京都国立博物館) | トップページ | アンコール旅行記(その1:導入) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。