フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 竹生島紀行(その1:竹生島Ⅰ) | トップページ | 竹生島紀行(その3:竹生島Ⅲ) »

2011年11月 1日 (火)

竹生島紀行(その2:竹生島Ⅱ)

竹生島は信仰の島である。島の南部には都久夫須麻神社と宝厳寺があるが、神仏習合の名残か、どこからどこまでがどちらかの領域かといった厳密な区別はない。寺を見学していたら神社がでてきたといった感じだ。

神社には弁才天が祀られているが、これは広島の厳島神社、神奈川の江島神社と並んで、日本三大弁才天である。

古来から信仰の対象とされ、戦国時代には浅井氏との関係も深い、竹生島を散策してみよう。。。

P1060979

石段を上がると、鳥居があった。

P1060980

湖底からの湧き水だそうだ。。。

そういや、琵琶湖で調査していたときに、冗談で琵琶湖深層水を売ろうなんてこと言ってた人いたなあ。。。普通に大腸菌いると思うけど・・・

P1070033

鳥居から右に進むと、さっそく観音堂の入り口である唐門が見えた。

立派ですなあ。。。桃山様式のこの門は、豊臣秀頼が豊国廟から移築したものだそうだ。国宝である。

P1070034

何やら凄い彫刻だ。

P1070035

P1070036

P1060983

中に入ると、木のぼんさんがいた。

P1060984

右手を進むと、札所あり。奥には千手観音が祀られている。

P1060985

観音堂の奥に、渡り廊下がある。

P1060987

これは重要文化財だ。

P1060989

P1060988

P1060990

ここからが渡り廊下である、舟廊下だ。

P1060991

舟廊下を渡りきると、外にでて、いきなり建物が現れた。竹生島神社(都久夫須麻神社)だった。あまりに突然だったので、びっくらこいた。

P1060992

ともかくお参りする。

P1060993

後ろを向けば、正面に建物が見えた。竜神拝所である。

P1060994

下に下りて、本殿を見上げた。

P1060995

別角度からも・・・

P1060996

竜神拝所ではかわらけ投げをやっている。折角だからやってみた。

P1060997_2

願い事はいつも同じ。。。いいご縁がありますように・・・っと!

P1060998

先に神棚があった。

P1070006

白蛇

P1070005

あの鳥居の間を通ればいいらしい。。。

P1070001

どりゃ~~~~~~(*`ε´*)ノ

かわらけは猛スピードで鳥居の上を通過した。。。

JIN氏は、、、普通?微妙なところにいった。

ちなみに、竹生島神社のご祭神は、市杵島比売命(弁財天)(←宗像三女神の一人じゃなかったっけ?)と宇賀福神、浅井比売命(産土神)、龍神だそうだ。

P1070007

竜神配所の隣には弁才天のお堂があった。

P1070009

こんな感じで竹生島にはこのような弁才天像がいくつも奉納されている。

P1070010

あれ?五弁天になってる・・・?

P1070011

舟廊下の下の道を歩く。。。

散策は次回も続く。

« 竹生島紀行(その1:竹生島Ⅰ) | トップページ | 竹生島紀行(その3:竹生島Ⅲ) »

滋賀県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。