フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« そうだ!但馬へ行こう!(その2:城崎マリンワールド) | トップページ | 京都迷宮入りⅨ(その1:京都国立博物館) »

2011年11月10日 (木)

湊川神社

私にとって、とっても馴染みのある神社を紹介していなかった。神戸では大変人気のある神社で、通称楠公さんという。

そう、湊川神社である。神戸の街をぶらつく前に、湊川神社を訪問してみた。平成23年8月18日のことである。

P1070147

三宮からモトコーを突破し、遥遥神戸まで歩いてきた。高速神戸駅のすぐ真上に当たるところに、湊川神社がある。この門の左手には地下への入り口があり、新開地までメトロ神戸というディープゾーンが続いている。当然、久しぶりに歩いてみたが、老若男女が卓球で汗を流す不思議な通路だった。

そんなことより神社である。

湊川神社は神戸では大変尊敬されている神社である。実はこの写真を撮る前に、歩いてき男性が門の前で立ち止まり、お辞儀をしていった。神社の前を通過するだけでである。そんな楠公さんとは誰か?

楠正成である。

建武の中興で活躍した武将である。最後は、この湊川の地で足利尊氏に敗れ、自刃している。

永らく忘れられていたが、再び脚光を浴びたのは、水戸光圀の水戸学以降である。特に、幕末には勤皇の志士の理想像とされ、維新の原動力になったのだ。

明治には、建武中興十五社の一つとして、湊川神社が創建された。ちなみに、旧社格は、別格官幣社である。

P1070148

門をくぐり、社殿まで歩く。

P1070149

社殿は戦争で焼失したので、戦後生まれの鉄筋コンクリート造りだ。

P1070150

P1070151

天井絵がなかなかである。

全国著名画家の奉納らしく、中には棟方志功の作品もあるそうだ。

P1070152

社殿でのお参りを済まし、門まで歩いている、左手に鳥居が並んでいるのが見えた。

P1070153

お稲荷さんだった。楠本稲荷神社という。

P1070154

中はなかなかテンションの上がる構造をしていた。

P1070155

表門をくぐる手前、左手に通路が延びている。

P1070156

P1070157

奥に進むと、爺さんがいた。

P1070158

水戸光圀公である。黄門さまもこの地を訪れた?

P1070159 

光圀公の左手に、楠公さんの墓がある。

P1070160

墓碑には、「嗚呼忠臣楠子之墓」とある。この時は、光圀公が書いた文字を彫ったものらしい。。。

子供の頃から、何度も来た神社であるが、こうして、歴史の勉強をしてきて、あらためて参拝にきてみると、知らなかったことやら何やらでてきて、かなり面白かった。

ちなみに、神戸の三社詣でといえば、ここと生田神社長田神社である。まだ、神戸に住んでいた頃、親友の古着屋と初詣で三社を制覇したのは、懐かしい思い出だ。

こうして、湊川神社の参拝を終え、三宮までぶらついた。

« そうだ!但馬へ行こう!(その2:城崎マリンワールド) | トップページ | 京都迷宮入りⅨ(その1:京都国立博物館) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ!但馬へ行こう!(その2:城崎マリンワールド) | トップページ | 京都迷宮入りⅨ(その1:京都国立博物館) »