フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 竹生島紀行(その3:竹生島Ⅲ) | トップページ | そうだ!但馬へ行こう!(その1:大乗寺(応挙寺)) »

2011年11月 6日 (日)

竹生島紀行(その4:国宝彦根城)

彦根港まで戻ってきた。竹生島はもう終わったが、もう少し時間がある。彦根城に行くことにした。

P1070039

彦根港から彦根城までは、期間限定で出現する、ご城下巡回バスを利用した。ボンネットバスというやつだ。これで懐かしいと感じる世代ではないので、ただ珍しいだけだった。

P1070041

座席にはひこにゃんが・・・

P1070040

バスで城下を巡回する間、ガイドさんがいろんな話をしてくれる。

・・・、おばちゃん、今セリフ忘れて、誤魔化したね。。。

P1070042

彦根城前に着いた。

P1070043

チケット売り場前にて、、、

雨が降ってきやがった。

P1070044

しばらくして、雨が小降りになったのを見計らい、決死のスタートだ。

P1070045

P1070046

この通路は堀切と呼ばれる。右上に見えるのが、天秤櫓という櫓である。

P1070047

右手の石段を上れば、堀切の上に渡る橋にたどり着く。

P1070048

天秤櫓の正面である。戦のときは、この橋を落とせば、これ以上先には、堀切をよじ登るしか道がなくなる。堅牢な造りだ。

P1070049

P1070050

天秤櫓を抜ける。

P1070051

鐘。

P1070052

天秤櫓を後ろから・・・

P1070054

いよいよ天守が見えたきた。

P1070056

天守だ。なんか思ったより小さい?

ここで、彦根城について薀蓄を語る。

日本の城で天守が国宝に指定されているのは、4つしかない。姫路城松本城、犬山城とここ彦根城である。私は、いずれの城も見たことがあるが、中までしっかり見たのは、姫路城と松本城のみであった。今回、彦根城を見学することで、残りは犬山城のみだ。いずれ行きたいと思う。

言わずと知れた、名門、井伊家の居城として名高い。江戸初期の建物で、明治の廃城令を免れた。

P1070058

ちょっと違う角度から・・・

さて、天守の中を見学するか・・・

P1070057

む?

P1070059

何ですとーっ!?

入場規制が敷かれていた。

やがて、順番になり、入ることができた。

P1070060

やれやれ、雨でびしょ濡れになっちまったぜい。。。

P1070061

いよいよ天守見学スタートである。

P1070062

暗っ!悪天候のためか、かなり暗い。

P1070063

人だかりができているので、何かと思えば、井伊直弼の像であった。

P1070065 

入場規制していた割には、人多いなあ。。。

そういや、雨降ってるから、係りの人が見かねて余計に人をいれてたっけ?

P1070066

ここから鉄砲を撃つのか?

P1070067

ここから矢を放つのか?

P1070070

この先、上に上がるらしい。

P1070071

予想通り、急な階段だった。城の階段って、たいてい急ですよね・・・?

P1070072

こわごわ上がってきた。

P1070073

天守の一番上だ。見晴らしは良かった。

P1070074

P1070075 

瓦。

P1070076

再び急な階段を下りる。

このまま、天守見学を終えるのだが、出口付近で野戦病院のように、人が座り込んでいた。どうやら皆雨宿りのようだ。かなり激しいからね。。。我々もしばし雨宿りした。

P1070077

雨があがったので、外に出た。あとは城を出るだけだ。途中に社があり、外国からの観光客が参拝していた。

P1070078

P1070079

こうして、彦根城の見学並びに今回の散策を終えた。

« 竹生島紀行(その3:竹生島Ⅲ) | トップページ | そうだ!但馬へ行こう!(その1:大乗寺(応挙寺)) »

滋賀県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。