フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊本県北部における微妙な散策について(その1:蓮華院誕生寺奥之院) | トップページ | 熊本県北部における微妙な散策について(その3:鞠智城) »

2011年10月 6日 (木)

熊本県北部における微妙な散策について(その2:泗水孔子公園)

菊池市は泗水町にやってきた。泗水町の道の駅に怪しげな公園があるらしい。。。

P1060699

泗水孔子公園である。

P1060694

一見普通の公園のようだが、、、

P1060695

ん?

P1060696

なんだ?この中国風の建築物は?

P1060697

トイレだとお~!!(゚ロ゚屮)屮

P1060700

龍もおるげ!?

P1060701

合格橋?

P1060702

この建物は・・・?

P1060703

中国風の服装を着たマネキン人形が不気味に並んでいた。

P1060705

あれは何だ?

P1060691

P1060692

P1060693

孔子像でした。。。

そう!この公園は、孔子をリスペクトする公園なのだ。

P1060704

そもそも何故孔子かというと、町名に由来している。

泗水とは孔子の生誕の地なのである。明治22年に町村制がスタートするが、初代村長が孔子を大変尊敬していたため、生誕の地を村名にしちゃったのだ。まさに公私混同、やっちゃった感が漂う。。。で、この孔子公園は、泗水の地名100周年を記念して、平成4年に造られたそうな。。。バブリーである。

P1060706

本当ならば、ここが資料館の入り口なのだが、生憎改装中で閉鎖されていた。残念だ。

それにしても、この異様な光景の中、普通にサッカーを楽しむ小学生に何とも違和感を感じた。

« 熊本県北部における微妙な散策について(その1:蓮華院誕生寺奥之院) | トップページ | 熊本県北部における微妙な散策について(その3:鞠智城) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。