フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 岡山大探訪(その6:鬼ノ城) | トップページ | 岡山大探訪(その8:備中国分寺) »

2011年10月25日 (火)

岡山大探訪(その7:鬼の差し上げ岩)

前回、すっかり伏線を貼ってしまった目的地に向かう。目的は鬼の差し上げ岩という、巨石である。そのあまりにインパクトのあるシルエットを写真で見たときに、絶対見に行こうと誓ったので、ぶっちゃけ鬼ノ城は次いでなのである。

鬼ノ城から岩屋と呼ばれる地区までは、比較的距離は近いのだが、大丈夫か?と不安になるような山道をドライブしなければならない。

細い小道を行くと、やがて視界が開ける。駐車場である。車を停めると、散策開始である。

P1060917

小屋の前にパンフレットが置いてあったので、失敬した。

左の道が散策路である。

P1060918

やがて山道に・・・

今日は本当に登山やな。。。

P1060919

岩屋寺と書いてある方へ進む。

P1060920

P1060921

鬼の差し上げ岩の標識もでてきた。

P1060922

右へ進むと岩屋寺、左が鬼の差し上げ岩である。とりあえず岩屋寺に行ってみた。

P1060923

非常に上りにくい階段を上る。ここまでの道のりは、蜘蛛の巣につっこんだり、散々であった。さっきから全く人に会わないが、本当に訪れる人はいるのか?

P1060924

これが岩屋寺?なんとも寂れた感じである。住職はまずいないだろうが、寺として機能しているのだろうか?

さっきの二股のところまで戻ろうとするが、鬼の差し上げ岩への道へショートカットできそうだったので、獣道を行った。

P1060925

成功!

P1060926

P1060927

石段を上ると、お堂があった。岩屋寺のお堂なのか?

お堂から右へ向くと、前方にいよいよ・・・

P1060928

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

P1060929

鬼の差し上げ岩である。高さ15mもあるそうだ。かつて温羅が指で差し上げて作ったという伝説がある。恐るべし!温羅・・・

岩の下にある祠は、

P1060930

不動明王を彫った岩肌を守っていた。

P1060932

うーん、テンション上がるわあ

P1060933

これ、どうなっとん?

P1060934

差し上げ岩から奥に進む。

P1060935

別の巨石があった。

P1060938

鬼の餅つき岩?

P1060939

P1060937

もっと色々巨石があるはずだが、よく分からなかったことと距離が離れていることもあり、諦めて戻ってきた。

P1060936

差し上げ岩を別角度から見る。

P1060940

見るだけでとにかく圧倒される。人がいなくて少々不安になるが、必見やな。。。

こうして、山を下りた。

« 岡山大探訪(その6:鬼ノ城) | トップページ | 岡山大探訪(その8:備中国分寺) »

岡山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。