フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 岡山大探訪(その4:吉備津彦神社) | トップページ | 岡山大探訪(その6:鬼ノ城) »

2011年10月23日 (日)

岡山大探訪(その5:最上稲荷)

次の目的地に向かう途中、最上稲荷と書かれた標識が目に入った。行きましょう・・・

P1060844

途中にでっかい鳥居が・・・。これは期待できそうか?

ちなみに、最上稲荷に行くことにしたが、まったく予備知識ゼロである。なんか聞いたことあるな、程度である。

駐車場に車を止めると、歩き出した。

P1060845

P1060846

参道口である。歓迎してくれているが、人気がない。

P1060847

む?

P1060848

あれ?

P1060849

開いている店が数軒しかない。これはシャッター商店街なのか、盆なので休んでるのか?

P1060850

参道商店街を抜けると、すっかり怪しい光景が目に飛び込んだ。仁王門だそうだ。昭和25年に焼失したそうで、再建である。今後、パネルにもあるが、金ぴかの仁王さんを作るそうだ。

P1060852

仁王門を抜けるかと見せかけて、

P1060851_2

順路は、仁王門の左側から抜ける。

P1060853

P1060854

石段を上がると、でっかい建物が見えた。

P1060855

本殿である。立派な注連縄がかけられている。

P1060856

う~ん、なんか不思議な・・・

神社?寺?

その答えは、寺である。

最上稲荷山妙教寺という、日蓮宗のお寺なのである。といいながら、鳥居はあるわ、注連縄はあるわ、本堂は神社っぽいわと不思議空間を形成している。これは神仏習合の名残なのである。廃仏毀釈以前は、結構オーソドックスな光景だったのかもしれんですなあ。。。

ちなみに、日本三大稲荷の一つらしいが、これはこの岡山周辺でしか通用しないらしい。伏見と豊川はほぼ三大にあげられるが、三つは祐徳だったり、いろいろらしい。

P1060857

まだ奥があるらしい。。。

P1060858

本殿の裏には謎の彫刻があった。

P1060860

P1060861

縁の末社とある。ほな参拝せなあかんな。。。なんとか良縁を!

P1060862

こっちは離別天王。縁切りで、

P1060863

こっちが縁引天王。こっちに念入りにお参りやな。。。

P1060864

この奥に旧本堂があるとな。。。

P1060865

ふと左手に上がる石段が眼に入った。瀧やらがあるらしい。すぐそこみたいやし、上がってみるかと軽い気持ちで考えたのが、失敗であった。まさか、あんなことになるなんて・・・

P1060866

おいおい完全に山道やな。

P1060867

P1060868

P1060869

瀧やー!ここまでは比較的近かった。

P1060870

まだちょっと奥があるみたい。。。

P1060871

八畳岩に奥の院か。。。見にいかな。

P1060872

P1060873

一向に着く気配がない。

P1060874

P1060875

ん?これは、なかなか、凄い光景ですぞ!

P1060876

P1060877

P1060878

ファルコン?金色の?あれはファルコか!?

P1060879

奥之院はこの上か・・・

P1060880

P1060881

おお!天然の岩肌に仏様とお題目が彫られている。これを見れたということで、ここまで来たかいがあったかな?それにしても今日は暑い。ペットボトルのお茶も既になくなった。死にそう・・・

P1060882

でも、もうちょっと頑張るもんね!

P1060883

左が八畳岩で右が奥之院。

P1060884

P1060885

P1060886

これが八畳岩か!?かなり迫力があるなあ。。。

この岩に本尊の最上位経王大菩薩が白狐に乗って降臨したらしい。

P1060887

隙間に何かありそうだが、見えないなあ。。。

この後、先ほどの分かれ道に戻り、奥の院までの距離を知り、絶望した。これを行くと、本当に逝ってしまう。。。熱中症で。。。

しぶしぶ断念した。

P1060888

P1060889

旧本殿である。18世紀の建物だそうだ。

P1060890

P1060891

P1060892

周りには、お稲荷さんらしく、小さな稲荷社がたくさん並んでいた。

P1060893

P1060894

さあ、戻ろう。。。

朦朧としながら、本殿の前までやってきた。自動販売機を発見し、アクエリを買う。

P1060895

完全にグロッキーである。恐るべし!最上稲荷。。。

P1060896

帰りは仁王門から・・・

P1060897

帰る前に、、、

P1060898

こちらのお寺らしい建物が、根本大堂である。これがなければ、お寺ということを忘れるところであった。。。

アクエリ一本では到底水分不足は補えず、帰り際にお茶と

P1060899

ホットケーキミルクセーキなるものを買った。味は実に個性的であった。

やれやれ・・・。これで最上稲荷は終了である。

« 岡山大探訪(その4:吉備津彦神社) | トップページ | 岡山大探訪(その6:鬼ノ城) »

岡山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。