フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊本県北部における微妙な散策について(その2:泗水孔子公園) | トップページ | 岡山大探訪(その1:大原美術館と倉敷美観地区Ⅰ) »

2011年10月10日 (月)

熊本県北部における微妙な散策について(その3:鞠智城)

今回の散策の最後を飾るのは、熊本県菊池市から山鹿市にかけた山中にある、歴史公園鞠智城という城跡である。

P1060707

鞠智城とは、古代の朝鮮式山城の一つである。何で、こんなものを造ったかというと、7世紀後半、白村江で唐・新羅連合軍に大和朝廷軍が大敗北を喫したためである。これにより唐が攻めてくるとビビッた朝廷が大野城などと同じく建設したのだ。大野城なんかは、前線基地という気がするが、鞠智城は何故こんなとこに造ったのかというくらい辺鄙な所である。こんなとこ誰も攻めへんやろ?

P1060708

駐車場からは、当時を復元した建物が見える。少し期待できそうだ。

P1060709

なんか変なオブジェがあった。

P1060710

早速メインである。

八角形の鼓楼だそうだ。時を知らせるために鼓を鳴らしたり、物見やぐらとして機能したと推察されているが、はっきりとは分かっていないそうな。。。

P1060711

中は柱だらけだった。。。こんなんではくつろげないなあ。。。

P1060712

こちらは米倉である。しっかりねずみ返しがついている。

P1060714

P1060715

まだ復元されていない建物跡も多い。

P1060716

これは兵舎である。中を覗いたが、寝心地は悪そうだった。

P1060718

板倉という建物で、まあ、武器庫といったところか・・・

こんな感じで山の中の開けた土地に、城跡が点在しているが、門や城壁がないので、およそ城っぽくはない。

最後に、近くに建っている温故創生館を見学した。見学しようとすると、施設のおっちゃんが説明してくれることになった。大変勉強になった。

何でも鞠智城の読みは今では「きくちじょう」となっているが、昔は「くくちじょう」だったそうだ。で、何でこんな山中に造ったかというと、前線の大野城なんかに物資を送る支援基地として考えていたそうだ。

その他、発掘されたものなどを展示していたが、肝心な重要発掘物は、既に博物館送りになったいた。そらそうよ!

なにはともあれ、これで、今回の散策を終えた。一番最後がまだまともなほうだったんじゃ・・・。この後、平山温泉にて、癒されたことを付け加えておく。。。

« 熊本県北部における微妙な散策について(その2:泗水孔子公園) | トップページ | 岡山大探訪(その1:大原美術館と倉敷美観地区Ⅰ) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。