フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 巴里は萌えているか?(その27:ルーブル美術館Ⅴ) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その1:両子寺) »

2011年9月 8日 (木)

巴里は萌えているか?(その28:そして、フィナーレへ)

ルーブル美術館を見学した後、フレンチを食べに行った。

店はパリ滞在中、JCBプラザで予約してもらった。JIN氏は本格フレンチをご所望であったが、私が金額的にびびったために、お手頃フレンチとなった。やっぱ、そういう店は特別な女(ひと)と行きたいやんかあ~ヾ(´ε`*)ゝ

店は微妙に分かりづらく、少し迷ってしまった。

着くと、早速席に通された。なんか入り口に近い、しょーもない席のように見えるが、まー、気のせいだろう。。。

料理は事前にJCBのお薦めコースを頼んでいたので、早速、宴が始まった。

Dsc00765

早速、スープがきた。なかなか美味いエビの泡であった。

Dsc00766

そうそう、乾杯ね。。。

Dsc00767

来て早々は、ほとんどお客がいなかったが、見る見るうちに入ってきた。こっちのディナーって、結構遅いみたい。

Dsc00769

Dsc00771

Dsc00772

Dsc00774

なんだか分からない料理が続く。結構美味かった。

それにしてもペース速くないか?こっちはフレンチって、ゆっくり食うもんやろ?という思い込みでスローペースで食べてるのに、次々料理が出てくる。おかげでペースを上げずにはいられなくなった。よもやフレンチでこんなわんこ蕎麦状態になるとは・・・

Dsc00775_2

Dsc00777_2

Dsc00778

怒涛の勢いでデザートまできてしまった。てか、デザートが二種類もあるんですが・・・

私のイメージでは、フレンチといえば、少しずつ出てくるせいで、何か物足りないなあ、、、でも、腹持ちはええで!というものだったが、今回、このイメージは大きく崩れた。

胃が、破裂しそうである。思いくそ、食いすぎた。苦しい。。。

Dsc00779

おかげで、食後の茶が入るスペースもなかった。

こうして、フレンチ体験は無事終了した。

私にはよく分からないが、まあ美味しかったんちゃうかなあ?

JIN氏:この値段でこのレベルのものが食べれたんやから、まあ、ええんちゃうん?日本やったら、もっと高いで・・・

二人の共通する意見は、エビ泡が一番美味かった。

こうして、四日目が終わった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平成23年2月12日。五日目開幕である。本日は、いよいよ帰国の途につく。それまでは悪あがきだ。

P1060203

朝から、近くの店でオニオングラタンスープを食べた。朝食としては、非常に重かった。塩っ気がもう少し欲しかった。

P1060207

コンコルド広場にやってきた。

P1060205

P1060204

ふと床を見ると、金属のプレートがあった。実は、ここにギロチンがあったのだ。ここで、マリー・アントワネットらが処刑されたのだ。

P1060208

ん?

P1060206

コンコルド橋の向こうは、ブルボン宮。

P1060210

セーヌ川を見るのも、これが最後か・・・

P1060211

ブルボン宮を近くで見たところで、ホテルに引き返す。

P1060213

最終日になんだが、我々がずっと泊まっていたホテルである。今見ても、どこが入り口だったかいまいち分からん。。。

ホテルをチェックアウトする。

Dsc00783

ロワシーバスで空港へ。。。

Dsc00784

こうして、楽しかったフランス旅行も閉幕した。ちなみに帰りのエールフランスの機体はエコノミーは、座席が結構狭く、つらかった。乗る前に、数千円だして、もう1ランクあげようかと議論したが、その数千円をケチらず、ランクを上げておけばよかったと後悔する、私とJINであった。

帰国は朝の成田空港。空港が凍ってるのを見て、少々びびった。そこから東京まで行き、浅草のドジョウ屋で昼食を食い、おのおの東京小観光を楽しんだ後、羽田から伊丹へ。

伊丹でJINと別れ、私は伊丹からさらに福岡へ。。。疲れるわ

これにて、おしまい。

« 巴里は萌えているか?(その27:ルーブル美術館Ⅴ) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その1:両子寺) »

フランス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。