フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 仏をめぐる冒険in国東(その7:長安寺) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その9:元宮磨崖仏、真木大堂) »

2011年9月25日 (日)

仏をめぐる冒険in国東(その8:富貴寺)

富貴寺にやってきた。

P1060542

山号を蓮華山という。ご覧のように大層立派なお寺であるが、六郷満山では本山末寺なのである。

P1060543

P1060544

仁王さんも、ここまでの寺では雨ざらしであったが、このお寺ではきちんと山門に保護されている。

P1060541

入って右手に建物があるが、ここは、このお寺の見所ではない。

P1060545

見所は、石段を上ったところにある、この大堂である。ずばり、国宝建築である。

P1060551

せっかくだから別角度から・・・

九州に現存しているのは珍しい平安時代の建物なのである。中には、本尊の阿弥陀如来坐像が祀られており、かなり見難いが、壁画が現存している。素晴らしいお堂なのである。

P1060546

大堂の周りには、笠塔婆や

P1060547 

国東塔、

P1060548

苔むした石仏がある。

P1060549

おや?まだ上があるのか?

P1060550

小さな社があるのみだった。。。

P1060555

む?

P1060552 

お!?

P1060554

ええがな!

P1060556

このお寺は、ちょうど時間的にも良かったのか、今までのお寺に比べ、参拝客が多かった。しかしながら、かなりいい雰囲気のお寺であった。特に突っ込みたくなるような、妙ちくりんなものもなかったので、紹介記事としては面白みがかけるのだが、、、

ま、いいか。。。

次、行こっと!

« 仏をめぐる冒険in国東(その7:長安寺) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その9:元宮磨崖仏、真木大堂) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。