フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 仏をめぐる冒険in国東(その5:椿大師) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その7:長安寺) »

2011年9月22日 (木)

仏をめぐる冒険in国東(その6:天念寺と川中不動)

長岩屋川という川の畔に天念寺はある。

P1060513

長岩屋山天念寺は、六郷満山の中山本寺の一つであり、歴史ある寺なのだが、本堂がやけに新しい。これは、昭和16年の水害で本堂が破壊されたためだ。その後、再建のめどがたたず、昭和36年には旧国宝(重要文化財)にも指定された阿弥陀如来像を売却するなど、散々な目にあっている。

P1060514

現在は住職がいないとのこと、水害を乗り越え、本堂を再建した旨、このスピーカーからやたら大音量でアナウンスしていた。

P1060515

本堂の中に入ってみた。

P1060516

P1060517

なかなかいい感じの仏像が格子の中に入っていた。

P1060518

本堂のとなりは鳥居があり、神社となっている様子。

P1060519

いよいよ今回のメインイベント、川中不動である。

P1060520

ご覧のように、長岩屋川の中にある巨岩に不動明王、制多迦童子(せいたかどうじ)、矜羯羅童子(こんがらどうじ)の不動三尊が彫られているのだ。

P1060523

P1060524

見事なり!こんなん彫るん大変やろうなあ。。。どうやって彫ったんやろう?

室町時代に水害を防ぐため彫られたそうな・・・。でも昭和16年に水害にあっているんよねえ?

・・・

P1060522 

カワムツが群れていた。

P1060525

再び天念寺のほうへ戻ってきた。

P1060528

おお?この先に旧国宝に指定された阿弥陀如来が祀られていたお堂のあとがあるらしい。

P1060526

?こんなとこにあったの?

P1060527

今は謎の石仏が並んでいた。

P1060529

おお!アジサイきれいね

P1060530

天念寺の先の近代的な建物は、修正鬼会のことを紹介した鬼会の里である。看板にあるとおり、かつて天念寺が祀っており、売却された阿弥陀如来は、その後、大分県が必死のパッチで買い戻し、平成15年に里帰りを果たし、この建物に展示されているのだ。

P1060531

早速入ってみよう。。。

おお!なかなか立派な仏像じゃ~ヽ(´▽`)/

展示室からでてきた。

受付のおばちゃんに、もう出てきたのか?と問い詰められた。

え!?なんかあかんかったん?

おばちゃんはビデオを見ろという。。。

そういや、映像ルームがあったような・・・?

おばちゃんに無理矢理連れ戻され、ビデオを見ることになった。

修正鬼会について紹介するビデオであった。大変勉強になった。おばちゃん、すんません。。。

ビデオを見たことで、おばちゃんも納得したようで、帰してくれた。

P1060532

鬼会の里を出て、山を見上げる。すごい岩山だ。

・・・ん?

P1060533

なんじゃ!?あの橋は?

天念寺無明橋というそうで、行ったことのある人のブログ等を見ると、なかなかスリリングな体験ができるらしい。まあ、それはいずれ行きたいものだが、今回はかる~く、スルーなのだ。

« 仏をめぐる冒険in国東(その5:椿大師) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その7:長安寺) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。