フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 仏をめぐる冒険in国東(その2:文殊仙寺) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その4:無動寺) »

2011年9月16日 (金)

仏をめぐる冒険in国東(その3:岩戸寺)

文殊仙寺から少し車を走らすと、岩戸寺である。

P1060424

六郷満山の末山本寺、山号は石立山、もちろん天台宗のお寺である。

P1060425

左手に向かうと、薬師堂、講堂、国東塔があるそうだ。

P1060426

ちっさい仁王さんがお出迎えである。

P1060428

P1060427

小さいながらもなかなかの迫力だ。なんと右の仁王さんは、文明10年(1478年)の銘があり、銘がある丸彫りの仁王さんでは、日本最古だとか・・・

P1060429

仁王さんを過ぎて進んでいくと、鳥居が現れた。このあたりは、神仏習合を感じさせる。

P1060430

P1060431

P1060433

P1060432

ここに国東塔があるはずだがない!どうやら改修中につき、他の場所に移転しているようだ。ここの国東塔は国東半島最古と言われている。見れなくて残念だ。

P1060434

講堂までやってきた。

P1060435

ここで、修正鬼会という祭りが行われる。鬼が松明を持って、集落を練り歩く、楽しげな祭りである。見てみたいものだ。。。

P1060436

P1060438

薬師堂である。

P1060439

本尊の薬師如来である。なんと平安後期の作品だそうだ。

P1060440

薬師堂のすぐ背後は切り立った岩肌が見えている。かなり険しい。

P1060444

・・・

P1060445

なんか住んでそうな岩の隙間である。

P1060446

薬師堂のすぐ裏手は、少しえぐれて、洞穴状になっている。

P1060447

ダイナミックだ。。。

P1060448

もう少し、裏山を歩く。

P1060449

P1060450

P1060451

P1060452

なんかおった!子安観音?

P1060453

P1060457

P1060455

寺の境内に神社があった。

P1060456

六柱神社?

P1060459_2

こうして、岩戸寺の参拝を終えた。神仏習合の名残を色濃く残す、不思議な雰囲気のお寺であった。

« 仏をめぐる冒険in国東(その2:文殊仙寺) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その4:無動寺) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。