フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 仏をめぐる冒険in国東(その8:富貴寺) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その10:熊野磨崖仏) »

2011年9月27日 (火)

仏をめぐる冒険in国東(その9:元宮磨崖仏、真木大堂)

真木大堂に向かう途中、妙なものを見つけた。

P1060557

車をすぐ近くの駐車場に停め、降りた。

P1060559

元宮磨崖仏とな

P1060558

確かに磨崖仏である。磨崖仏とは、自然の岩肌などに彫られた仏像のことである。有名なのは、この後行くことになる熊野磨崖仏や臼杵の石仏などである。

左から地蔵菩薩、持国天、不動明王、矜羯羅童子(こんがらどうじ)、毘沙門天である。室町時代に彫られたようで、なかなか味がある。

見学を終えたところで、再び車で移動である。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

真木大堂にやってきた。

P1060560

真木大堂は、かつて隆盛を極めた六郷満山本山本寺の一つ、伝乗寺の堂であったそうだ。しかし、このお寺は700年前に焼失したらしい。

P1060571

正面に見える近代的な建物が、このお寺のメインともいうべき、収蔵庫である。この建物の中に数々の重要文化財となっている仏像が展示されているのだ。

P1060563

自動扉やーヽ(´▽`)/

スリッパに履き替えてっと、、、

中の仏像は、平安時代後期や鎌倉時代のものであるが、とにかく凄い迫力である。是非見に行くことをお薦めする。あいにく写真撮影禁止である。

P1060562

収蔵庫の右手には、旧本堂がある。

P1060564

P1060565

伝乗寺の扁額がかかっている。

P1060566

P1060567

ここの仁王さんは、ちと白いが凄い迫力だ。

P1060568

ちっこい石仏が色々と・・・

P1060569

P1060570

旧本堂の裏は、古代公園と称して、数々の国東塔や石仏が展示されている。元々は国東半島中に散らばっていたものをここに集めたらしい。。。いいの?そんなことして・・・

こうして、見学を終えた。仏像だけで見る価値のあるお寺と言えよう。。。

« 仏をめぐる冒険in国東(その8:富貴寺) | トップページ | 仏をめぐる冒険in国東(その10:熊野磨崖仏) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。