フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 巴里は萌えているか?(その1:導入) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その3:モン・サン・ミシェルⅠ) »

2011年7月 3日 (日)

巴里は萌えているか?(その2:モンさんへの道)

私の朝は一杯の珈琲から始まる。。。

P1050533

残念のことにエスプレッソである。にがぁ~

本当はカプチーノがよかったのだが、生憎エスプレッソしかなかった。

折角着いたパリを素通りしてどこへ行くかというと、かの有名なモン・サン・ミッシェルなのである。

数年前からJINといつか行きたいと言ってきたが、いよいよ夢が現実になるのだ。我々の間ではモン・サン・ミッシェルのことをモンさんと、どこかの朝から元気な迷司会者のような愛称で呼んでいる。

モン・サン・ミッシェルに行くには、レンヌまで行き、そこからバスに乗るのがよい。

やがて、列車はレンヌに着いた。

P1050534

P1050535

P1050537

レンヌの駅舎を出ると、右手のほうに歩いていく。

Dsc00029

これがバスターミナルだ。

Dsc00030

窓口でモン・サン・ミッシェルまでのチケットを購入する。

P1050539

バスターミナルの裏手がバス乗り場である。

P1050538

モンさん行きは12:45発らしい。

P1050541

やがて、バスが来た。

Dsc00035

バスに乗り込み、いざモンさんへ!

バスは結構空いていたので、JINと前後の席座ったせいか、会話がなく、一瞬で眠りに落ちた。まあ、着いたばっかで大移動である。正直疲れた。

目覚めると、ただならぬ雰囲気を感じる。まもなく見えてくるのでは?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

1時間半ほどバスは走った。丘を越えると、やがて、見えてきた。

Dsc00036

きた~地球に生まれてよかった~ψ(`∇´)ψ

次回はいよいよモンさん上陸である。

« 巴里は萌えているか?(その1:導入) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その3:モン・サン・ミシェルⅠ) »

フランス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。