フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 巴里は萌えているか?(その7:モン・サン・ミシェルⅤ) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その9:モン・サン・ミシェルⅦ~シャルトル) »

2011年7月21日 (木)

巴里は萌えているか?(その8:モン・サン・ミシェルⅥ)

驚異の見学を終えた我々は島内を散策することにした。

P1050694

P1050695

おや?穴が開いている。

P1050696

井戸かにゃ?

P1050697

よく見りゃ、砂干潟の向こうに、モン島みたいに島がある。

トンブレーヌの岩島というらしい。かつては、ここにも僧が住んでいたそうだ。百年戦争時には英国領だったり、1920年代にリゾート開発化の話があがったりと、特に何でもないような島に見えるが、なかなか波乱万丈なのである。

P1050698

驚異を見上げる。

P1050699

Dsc00184

なかなか面白い構図だ。さすが、教会カメラマン撮影のことはある。

P1050701

変なオブジェが所狭しと置かれた家を発見した。きもっ!

P1050702

井戸?

P1050703

墓地だ。こんなところをうろうろしている観光客は我々以外いなかった。

P1050704

P1050705

裏路地の看板である。ホテル用ようだが、鋏の図柄で不思議だ。

P1050707

JINが表通りに戻ろうと、突如、とんでもない小道を進みだした。

P1050708

おお!狭い!

Dsc00197

Dsc00198

やれやれだぜ・・・!

Dsc00188

郵便局発見!JINはさっき買った葉書を明朝、ここから出そうと画策しているようだ。

Dsc00190

とある店先でお姉さんがクレープを焼いていた。

・・・JINが興味を持った。

少し疲れたし、ここで小休止しますか?

P1050709

クレープと他にもショーケースの中のお菓子を選んで、注文した。

P1050711

店の置くが飲食するスペースになっていた。

P1050710

じゃじゃじゃ~、いただきましょう!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ほっこりしたところで店を出る。

出る前に冷蔵庫に入った飲み物をJINが目ざとく見つけた。

Dsc00204

シードルである。

シードルとは、林檎のお酒である。ノルマンディ地方で有名なお酒なので、飲んどかな!

Dsc00207

ごきゅごきゅごきゅ・・・

Dsc00208

あー(≧∇≦)

ビールのCMのようにラベルを確認する私。

味はシャッセのようである。

伝説の少女に~、なりたい~

そういや、観月ありさ、昔好きやったなあ。。。

Dsc00209

モン前の海水触った~(◎´∀`)ノ

P1050715

ちょっと離れたところから、モン島を見よう!

ということで、JINと延々と道を歩く。

対岸に向けて歩いていくと、進行方向右側は川だか、海だか分からない水路が続いているが、

Dsc00219

左側は草薮である。

なんか野糞しとる、おっさんがでてきそうやな!

どうする?紙をs'il vous plait!とか言われたら・・・

そんなしょーもないことを話しているうちに、そろそろ頃合か・・・?

P1050712

あれをやってみよう!

Dsc00211

手のひらにモンさんがのってるように見えるかなあ?

Dsc00217

ちなみにタージ・マハルではこんなことしとるインド人がたくさんいました。

Dsc00221

モン前まで戻ってきた。

せっかくだから砂浜を歩いてみよう!

P1050717

岩の上に教会がある。

P1050718

P1050719

St. Aubert教会である。

P1050721

延々と砂浜が続く。とりあえず、歩いてみた。

P1050725

鳥や~

P1050726

さ、戻ろう!

Dsc00244

いよいよ観光客、特に日本人がいなくなった。

Dsc00245

左手が我々の宿泊しているホテルである。

Dsc00247

王の門である。

Dsc00246

チェックインしたときは、この前で写真を撮る日本人観光客が多かったが今は静まり返っている。

Dsc00248

このプラールおばはんの看板が目当てらしい。   

Dsc00249

おお!人がいない!

Dsc00250

なんかいい雰囲気ですなあ。。。

P1050731

サン・ピエール教会に入ってみると、人気がなく、もの凄く厳かな雰囲気が漂っていた。

さっきは気付かなかったが、なんか横たわっていた。

P1050733

教会からでると、いよいよ街は夜へ。。。

Dsc00261

おお!ディズニーランドみたいや!

ちなみに撮影は教会カメラマンで、駐車場の鉄柱の上でカメラを固定して撮っていた。

さすがである。

師匠って、呼んじゃっていいすかっ!?

P1050751

P1050752

Dsc00266

街は、全然人気がなくて、非常に雰囲気がいい。バールでちょいと一杯引っ掛けたい気分だが、ホテルで飯を食うことになっている。

Dsc00281

ホテルに帰ってきた。飯や~!

P1050755

まずは前菜である。サーモンが古かった。

P1050756

いよいよメインのオムレツである。

P1050757

これっ!?

なんか予想と違うんですけどっ!?

割ってみると、大量の泡が出てきた。

私の理想では、割ると、固まっていない黄身がどろって出るのが・・・

食ってみた。

味がない

P1050758

付け合せにでてきた芋である。これは美味かった。オムレツは味がなかったので、この芋の塩気でオムレツを食うしかなかった。

がっかりだよ!

P1050759

デザートで閉めた。

こうして、やたらと濃い一日目が終了した。

« 巴里は萌えているか?(その7:モン・サン・ミシェルⅤ) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その9:モン・サン・ミシェルⅦ~シャルトル) »

フランス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。