フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 巴里は萌えているか?(その4:モン・サン・ミシェルⅡ) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その6:モン・サン・ミシェルⅣ) »

2011年7月12日 (火)

巴里は萌えているか?(その5:モン・サン・ミシェルⅢ)

メインイベントとも言うべき、修道院付属教会へ赴く。

Dsc00071

教会のメインは、驚異(ラ・メルヴェイユ)と呼ばれるところである。

P1050579_2

P1050580

この階段を上ると、いよいよ・・・

P1050581

P1050582

P1050584_2

こいつはとんだ人だかりだ。どうやら、フランスの高校生あたりが遠足に来ているらしい。五月蝿いな~

人だかりを抜けると、チケットチェックをするところがあった。どこでチケットを買うのかしらと辺りを見回すと、別に通路があった。そこを進むと、建物の中に入り、チケットカウンターがあった。

無事、チケットを購入し、先へ進む。

P1050586

P1050587

おお!こりゃ、なんか凄いぞ!

グラン・ドゥグレ階段という。

P1050588

P1050589

Dsc00077

おお!なんか壁から突き出てとる!ガーゴイルか?

P1050590

おや?

P1050593

蛇口?

ちなみにこの蛇口をJINが捻ってみたが、何も出なかった。

P1050592

まさに、驚異!おーい!

Dsc00080

P1050594_2

トイレ発見!

P1050595

階段を上りきった。

P1050596

おお!結構高い!

P1050598

P1050600

「私は世界中の教会を見てきました。。。」

と語る、某戦場カメラマンの真似をしながら、写真を撮る、教会カメラマンのJINさん。

P1050599

ほんじゃ、先に進もう。建物の中に入る。

P1050601

中は展示室だった。

P1050602

P1050603

P1050604

P1050605

どうやら、モン・サン・ミシェルが長い年月の間に形作られていく様子がジオラマで表現されているようだ。

Dsc00102

展示ルームを抜けると、テラスになっている。

P1050608_2

うほ~、眺めがいい!

Dsc00090

こりゃ、ガブリエル塔か・・・

P1050609

P1050612

お!雨樋!

P1050613_3


テラスの床石には謎の数字?が・・・

振り返ると、ロマネスク様式の立派なファサードが。。。

Dsc00092


P1050607

ちなみに先ほどは、右側の出口からでてきた。

今度は、

P1050615

この左側の入り口に進む。さ、中に入ろう。。。

その前に、

P1050611_3

こりゃ、イオニア式のハーフ・コラムでいいのかな?

P1050616_3

ジンメン?

いい柱、してますねえ。。。

次回へ続く。

« 巴里は萌えているか?(その4:モン・サン・ミシェルⅡ) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その6:モン・サン・ミシェルⅣ) »

フランス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。