フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 家族団欒。奈良ならではの遠足(その1:興福寺) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その3:東大寺) »

2011年6月 1日 (水)

家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社)

興福寺のあとは、春日大社を目指す。ここも当ブログ二回目の紹介である。

前回はこちら

興福寺から春日大社へは奈良公園を通ることになる。まあ、もともと奈良公園も春日大社も興福寺の境内なので、当たり前なのだが。。。

P1060301

奈良といったら鹿である。

P1060302

さすが奈良である。道路標識も鹿の飛び出し注意である。

P1060303

一の鳥居をくぐる。

しばらくすると、おとんがバテた。急ぐ旅でもない。茶屋で休憩だ。ソフトクリームを頬張るおとんとおかんと私。

休憩が終わったところで再スタートだ。

P1060304

何やら洋館があった。奈良国立博物館の仏教美術資料研究センターである。明治時代の建物で重要文化財であった。

P1060305

P1060306

P1060307

参道脇に並ぶ灯篭を見ると、春日大社に来たという感じがする。小学校の遠足のときのこの光景がよほど強く残っているらしい。

P1060308

いよいよまもなく本殿のようである。

P1060309

そうそう世界遺産ね。。。

P1060310

P1060311

最後の石段を上る。

P1060312

立派な楼門だ。南門である。

P1060313

石が埋まっていた。何でもこの石は、昔の「磐座」、或いは神がこの上に現れた「出現石」、または落下した社額を祀った「額塚」らしい。「或いは」「または」ねえ・・・

P1060315

幣殿でお参りを果たす。藤原氏の守護神だが、家族の健康を祈っておこう。。。できれば私の良縁も・・・

P1060316

幣殿の奥も、拝観料を払えば見学できるが、前回行ったから今回はいいや。。。

« 家族団欒。奈良ならではの遠足(その1:興福寺) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その3:東大寺) »

奈良県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。