フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その1:導入) »

2011年6月 7日 (火)

家族団欒。奈良ならではの遠足(その3:東大寺)

いよいよ最後の訪問地、東大寺である。東大寺も当ブログ二回目の登場である。

前回はこちら

P1060317

さすが、東大寺である。南大門前は大賑わいだ。

P1060318

南大門である。鎌倉時代のもので、日本最大の山門だそうだ。当然、国宝である。

そして、この門にはかの有名な仁王像がある。

P1060320

左側は阿形で、運慶・快慶が中心になって製作されたそうだ。

P1060321

右は吽形で、定覚と湛慶が中心になった製作されたそうだ。

いずれも国宝である。それにしてもでかい!その高さ、8.4m。ど迫力である。

P1060322

南大門を抜けると、中門が見えてくる。重要文化財の門であるが、大仏殿に行くには、この門をくぐるわけではない。この門から、左に少し進むと、入り口がある。

P1060324

さっそく、拝観しよう。。。

P1060325

チケットを買い、回廊を進むと、否が応でもテンションが高まる。

P1060326

見えた!大仏殿だ。

P1060327

華厳宗大本山の東大寺は、かの有名な聖武天皇が建立したお寺である。このへんは、あまりにも有名すぎて、特に説明も必要ないであろう。。。当然、世界遺産である。

P1060331

この金銅八角灯篭、国宝である。

P1060332

大仏殿は金堂である。この中に「奈良の大仏」が鎮座されているのである。ちなみに、この大仏殿、平安時代に平重衡に、戦国時代に松永弾正に焼かれている。したがって、現在の大仏殿は江戸時代の再建である。なお、今でも充分巨大な建築物であるが、東西の幅がかつての3分の2になっているという。。。

いよいよ大仏様にご対面である。

P1060334

う~ん、神々しい。。。

おとん曰く、「大仏を見んと、奈良に来た意味がない!」

奈良の大仏は、盧遮那仏である。

P1060335

ちなみに今までに燃えたりして、大部分が修復されているため、もともとのオリジナルの箇所は、ほんの一部分だけだそうだ。

P1060336

P1060338

大仏の左手には、虚空蔵菩薩が脇侍としておられる。

P1060339

おお!この角度の大仏様は凛々しい!

P1060340

四天王より廣目天。堂の北西にある。

P1060341

背後からの大仏様。おとん曰く、「奈良の大仏は、気配を感じる。普通の仏像ではない。」

確かに何か気配を感じる。生きているかのようだ。大仏、背中で語りき。

P1060343

この穴。昔、通ったなあ。。。何でも大仏の鼻の穴と同じサイズで、これをくぐれば無病息災だとか・・・。生憎、この日は混雑していたので、見物だけした。前来たときは、おそらく台湾人のおばはんが詰まっていた。

P1060344

北東には多聞天。持国天と増長天がいない?

何でも未完成のまま終わったそうだ。

P1060345

大仏様の右には脇侍の如意輪観音がおられた。

大仏様があまりにも巨大すぎて、そんなに思わないが、脇侍にしろ、四天王にしろ、単体で見れば、充分巨大である。スケールが違う!

P1060346

大仏殿を出て、すぐ左側に「おびんずるさま」がおられた。何か、怖いぞ!?

ま、折角だから撫でていこう。

東大寺はこのほかにも二月堂やら三月堂など見所があるが、そろそろおとんとおかんの体力も限界である。今回は断念した。この後、東大寺から駅までの間の喫茶店で蜜豆を食い、近鉄~阪神で帰路についた。途中、西大寺で乗ってきたおじんが感じ悪かった。優先座席に居座る子供の足を杖でばしばし叩いた後、それにもめげずに座り続ける子供に、何やらろれつの回っていない罵詈雑言を吐いていた。結局、おじんは生駒で降りたため、子供の粘り勝ちであった。子供も子供やけど、おじんも最低である。非常に不快な思いをしてしまった。

その後、地元に帰り、石屋川の洋食屋でビーフシチューを堪能したため、再び幸せな気分になったのは幸いであった。

おしまい。

« 家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その1:導入) »

奈良県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社) | トップページ | 巴里は萌えているか?(その1:導入) »