フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鹿児島珍道中(その10:仙巌園) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社) »

2011年5月30日 (月)

家族団欒。奈良ならではの遠足(その1:興福寺)

平成23年5月4日。

本当ならば、JINと滋賀でも行こうかという話になっていたが、某組織の陰謀か?JINが大変なことになってしまった。そう季節外れのインフルだ。仕方ないので、急遽キャンセルとなってしまった。ということで、おとんとおかんと外出することにした。

丹波でも行こうかと車を走らせたが、大渋滞だ。ええ~い、電車で行ける所にしよう!と私が提案すると、おとんが奈良でも行くか?と言い出した。

行きましょう!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

数年前の関西私鉄革命によって、今は阪神電車に近鉄が乗り入れ、奈良まで行けるのだ。とは言うものの、かなり時間がかかる。私的にはJRの大和路快速のほうが楽だと思うのだよ。

まあ、とにかく遠路遥遥、近鉄奈良駅に降り立った。

とりあえず、興福寺を目指す。

・・・その前に、飯を食った。もろ観光客相手の店で高い割りに美味しくなかった。しかも、中途半端に私の大好物である柿の葉寿司がついていた。この柿の葉寿司、美味しくない上に、一番人気の鯖がなく、サーモンと何故かさんまだった。がっかりだよ・・・

昼食後、奈良漬を購入。これで、うっちょへの土産は完璧版マッスルスパークだ。

道路標識のとおり、興福寺に向かうと、何故か猿沢の池にでてしまった。おかげで裏口のようなところから興福寺に入る羽目になった。いよいよ興福寺、当ブログでは二回目の紹介である。前回はこちら

P1060293

階段を上ると、左手に南円堂があった。かる~く、重要文化財の建物だ。

P1060294

境内のほぼ真ん中には中金堂が再建中であった。平成27年完成予定とのことだ。その頃にもう一度来たいものである。

P1060295

境内の東には、五重塔と東金堂が並ぶ、現在の興福寺のメインともいえるエリアがある。

P1060296

五重塔である。もちろん国宝だ。もはや、奈良のシンボル的塔なのでは・・・?

猿沢の池越しに見る塔はなかなか乙なものである。

P1060297

東金堂である。ここも普通に国宝である。興福寺自体は、開けっぴろげなので、無料で境内を散策できるが、この東金堂に入るには拝観料を支払う必要がある。せっかくなので、中に入る。

入る前に、東金堂の北にある国宝館をふと見やると、

P1060299

長蛇の列が出来ていた。

これも一昨年の阿修羅展の影響か?まあ、国宝館は何回か見たことがあるので、今回はいいか・・・

P1060298

中に入ると、素晴らしい仏像が祀られていた。国宝がオンパレードである。こちらの仏像を眺めるにも、少し列が出来ていた。後から、おばはんとおっさんがきたが、並んで見ようとするおばはんをおっさんが制止する。「はよ次行くで!」こんなんしょーもないとでも言いたげだ。残念な人だなあと感じた。

P1060300

東金堂を見た後、特別拝観中の北円堂にやってきた。

建物も国宝、中の仏像も国宝と重要文化財のオンパレードであった。中でも無著、世親像はド迫力であった。おとんと二人、感心しきりだった。

こうして、興福寺散策を終えた。この間、私は興奮しぱなしで、両親をほっぽって、見物する有様だった。

« 鹿児島珍道中(その10:仙巌園) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社) »

奈良県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島珍道中(その10:仙巌園) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その2:春日大社) »