フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鹿児島珍道中(その9:枚聞神社) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その1:興福寺) »

2011年5月20日 (金)

鹿児島珍道中(その10:仙巌園)

鹿児島市まで戻ってきた。

仙巌園は、島津家別邸跡と庭園を公園としたもので、別名磯庭園ともいう。

1658年に島津光久が造園したのが始まりだそうで、その後、歴代当主が増改築を繰り返している。駐車場に車を停め、北に歩くと、左手に尚古集成館、右手に仙巌園入り口があり、正面が鶴峯神社である。

Img_2780

Img_2781

島津家の先祖を祀る神社で、かつてはかなりの文化財を保有していたそうだが、西南戦争の折、略奪行為にあってしまったそうで、鹿児島県の文化財保有数が少ない一因になっているそうだ。

Img_2782

なかなか厳かな雰囲気である。

さて、いよいよ仙巌園に入る。

Img_2783

入ってすぐに「近代薩摩焼発祥の地」の記念碑があった。

左手には反射炉跡があったり、ちょっとした工業地帯跡だ。幕末に島津斉彬がこの地に、ガラス工場や製鉄所などを造り、工業化を目指した名残だ。この斉彬の近代化事業については、高校日本史で習ったような気がする。歴史の舞台に立ち、ややテンション上がる

Img_2784_2

水天渕発電所記念碑である。別のところにあった発電所の建物の一部をここに移し、記念碑としたそうだ。

Img_2785

いよいよ本格的に庭園が始まる。

Img_2786_2

Img_2787

Img_2788

Img_2790

桜島が見える。何でも桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てているそうだ。

Img_2791

けったいな灯篭があった。鶴灯篭というらしい。何でもガスを使って灯を灯したそうで、本邦初のガス灯なのである。

Img_2794

Img_2795

Img_2796

Img_2797

Img_2798

Img_2799_2

奥に進むと、石の壁に囲まれた狭い通路が続いていた。

Img_2800

発電用ダム跡とある。水力発電を行っていたようだ。

Img_2801

かなり広い庭園である。まだ見落としてそうだが、そろそろ散策を終える。

Img_2805

最後に、中に入ってないが、尚古集成館を一枚。中は薩摩の近代化事業に関する資料館である。

P1020585

このあと、天文館で白熊を食し、

P1020589

福岡の黒木町でうなぎを食い、この旅を終えた。

おしまい

« 鹿児島珍道中(その9:枚聞神社) | トップページ | 家族団欒。奈良ならではの遠足(その1:興福寺) »

鹿児島県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。