フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東北地方太平洋沖地震に見舞われた方々へ | トップページ | 鹿児島珍道中(その2:さくらさくら温泉) »

2011年4月11日 (月)

鹿児島珍道中(その1:嘉例川駅)

再開。

2月に大型研修に出かけたが、まだ資料整理中なので、昔話をすることにする。とある事情でお蔵入りしていたネタを解禁してみようと思う。この話は、平成19年9月15日から17日に鹿児島に行ったときの話しである。当時の私は福岡に就職して一年目ということもあり、友達は出来たものの、なんとなく寂しい毎日を過ごしていた。そんな望郷の思いが、やつらを動かした。JIN、じゅんちゃん、まきである。当時はまだふじゅんの会というふざけた名前はなかったが、じゅんちゃんの絶好調ぶりは、このときが最高潮ではなかったろうか・・・。ともかく遠路遥遥やってきてくれた3人と鹿児島旅行を楽しんだ記録を、記す。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

平成19年9月15日早朝。まきCarに乗って、JINとじゅんちゃんの三人が我が家にやってきた。夜中中、運転して遥遥関西からやってきたのだ。JIN、じゅんちゃんは神戸、まきは大阪である。大変であったろう。早速、我が家で仮眠を取ってもらう。以前我が家に来たことのあるJINは、早速寝始めたが、まきとじゅんちゃんは物色に余念がない。はよ寝んの?寝不足でテンション上がり過ぎたか?

実は、この日の午前中、休日ながら赤坂(福岡)で会議があったのだ。3人を残し、仕事に出る。3人に鍵を託し、仕事の後、どこかで合流する手はずである。まきたちがぐっすり眠ることを祈りながら、仕事に出た。

会議はとくに紛糾することもなく、無事終了した。ちょうどお昼である。合流のため、電話をすると、大宰府に参拝しに行くとのこと、大宰府で落ち合うことにした。

赤坂から天神まで歩き、西鉄に乗る。二日市で乗り換え、大宰府に着いた。電話で連絡しながら、参道を歩いていると、前から明らかに不審な三人組が歩いてきた。やつらだ。特にじゅんちゃんの動きが挙動不審だったことは言うまい。

無事合流したということで、梅が枝餅を食べ、いざ鹿児島へ出発した。途中のモスで昼食にした。あまり旅という感じではないが、空腹だ。仕方あるまい。

その後、九州道に乗り、はるばる鹿児島まで到達した。今夜の宿は霧島ということで、鹿児島空港ICで降りる。

空港のすぐそばには、西郷公園がある。もう夕方であり、入園時間が微妙だが、とりあえず入った。

Img_2661

目的はこれ!

そう!西郷隆盛像である。その高さ10.5mもある。この像はもともと京都に設置される予定であったが、発注者がお亡くなりになり、10年以上も倉庫に眠っていたそうだ。それを有志が誘致し、あたりを公園として整備したのだそうだ。それにしてもでかい。迫力がある。みな西郷どんに興奮しぱなしであった。

再び移動する。

嘉例川駅にやってきた。

Img_2663

このとっても古そうな木造駅舎が嘉例川駅である。明治36年の開業以来の建物で、築100年以上である。同じく鹿児島の大隅横川駅と並び、九州最古の駅舎だそうだ。やっぱりというか、国の有形文化財に指定されているのだが、未だ現役である。

駅舎の中に入る。

P1000171

P1000175

ずいぶんノスタルジックな造りである。

ホームに出てみた。ちなみにこの駅は無人駅である。

Img_2666

Img_2671

Img_2673

うん、何もない。だが、雰囲気は抜群だ。

このころからJINがドラマで昔やっていた「青い鳥」の話をしだした。確かにロケ地ではないが、いかにも駅長さんこと、トヨエツがいそうな駅である。あ~、夏川結衣とかでてこんかな~。。。

むっ!?ホームで踊っている男が・・・

なんだじゅんちゃんか・・・

« 東北地方太平洋沖地震に見舞われた方々へ | トップページ | 鹿児島珍道中(その2:さくらさくら温泉) »

鹿児島県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。