フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長崎ぶらり(その4:聖福寺) | トップページ | 鹿児島珍道中(その1:嘉例川駅) »

2011年3月14日 (月)

東北地方太平洋沖地震に見舞われた方々へ

東北地方太平洋沖地震に見舞われた方々に心からお悔やみとお見舞い申し上げます。

16年前、阪神・淡路大震災を経験した私には、とても他人事とは思えません。

ライブ中継で大津波が街を飲み込んでいく映像を見たとき、リアルタイムで生命が奪われているのかと思うと、感情を抑えることができず、途中で見ていられなくなり、テレビの前を離れました。

その後、しばらくして落ち着くことが出来ましたが、やはり精神的に落ち込んでいます。

また、停電を強いられている東日本の方々を思うと、ブログなんか書いている場合じゃないなと思いますので、このブログもしばらく休載しようと思います。

テレビで地震特集を見ていると、16年前の出来事を昨日のように思い出します。

地震発生の2時間後に外を見たときの衝撃

倒壊した家の前の瓦礫の上で腰をかけて、空を見上げたときの無情感

行き交うヘリは取材ばかり、救助はまだか・・・

地上の地獄とは対照的な、澄んだ空

小学校以来の親友が心配して来てくれたときは本当に嬉しかった

けが人と遺体で騒然とした病院

数え切れない遺体が並んだ体育館

夜に北区の親戚の家に非難できたとき、近所のおばあちゃんが作ってくれた、おはぎの美味しかったこと

走馬灯のように思い出していきます。

16年前の震災は、私から多くのものを奪いましたが、その後、素敵な出会いも用意していました。

現在の私があるのは、震災があったから

今は本当にどん底で暗闇しか見えないでしょうが、必ず光が見えます。

がんばろう!東北

平成23年3月14日記す

« 長崎ぶらり(その4:聖福寺) | トップページ | 鹿児島珍道中(その1:嘉例川駅) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎ぶらり(その4:聖福寺) | トップページ | 鹿児島珍道中(その1:嘉例川駅) »