フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟) | トップページ | 長崎ぶらり(その3:本蓮寺、福済寺) »

2011年2月28日 (月)

長崎ぶらり(その2:日本二十六聖人記念館)

孔子廟を見学し終えた私は、長崎駅周辺を散策したことがないことに気がついた。意外な盲点である。早速、トラムを乗り継ぎ、長崎駅に戻ってきた。

長崎駅の西側に進む。いつもならついつい入ってしまう本だらけにも寄らず(後で寄ったが・・・)、坂道を上がる。ここいらは、西坂町というエリアだ。やがて、公園があった。その公園を奥に進むと、

P1060240

日本二十六聖人記念碑がある。日本二十六聖人というのは、豊臣秀吉によって、処刑されたキリスト教徒である。何故、キリスト教が迫害されたかという問題には、色々な見解があると思うので、言及を避けるが、悲惨な出来事である。殉教者の内訳は、日本人20名、スペイン人4名、メキシコ人1名、ポルトガル人1名である。後にカトリックにより列聖された。

P1060241

殉教者の中には、12歳の少年も含まれていた。

P1060242

P1060244

この記念碑の右後方あたりには、

P1060245

殉教地を示す記念碑が立っていた。

P1060246

道路を挟んで向かいには、記念館を管理する教会がある。建築家がガウディを意識しちゃったようで、聖家族教会チックになっている。

P1060247

記念碑の裏側に記念館が建っている。折角なので、拝観した。

受付で入場料を払うと、荷物を預かってくれた。では、このカステラをよろしく。。。

P1060248

内部は、キリスト教に関する資料や、大航海時代の資料などが並んでいた。ちょうど、韓国からの団体観光客が来ていた。海外から来るほど、有名な施設なのかしら?

ヨーロッパのカトリック関係者には日本二十六聖人は有名という話を聞いたことはあるが・・・

P1060249

中庭には誰かの像が・・・

悲惨な歴史にちょいと気分が滅入ったところで、カステラを受け取り、見学を終えた。次はどこへ行こうか・・・

P1060250

あれは・・・?

« 長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟) | トップページ | 長崎ぶらり(その3:本蓮寺、福済寺) »

長崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟) | トップページ | 長崎ぶらり(その3:本蓮寺、福済寺) »