フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2011年初夢シリーズ(その2:六篠八幡神社) | トップページ | 長崎ぶらり(その2:日本二十六聖人記念館) »

2011年2月26日 (土)

長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟)

平成23年2月某日。長崎市で会議があり、その後に時間があるので、長崎をぶらぶらしてみた。カステラをゲットした後、おそらく10年ぶりくらいになろう、孔子廟に行ってみた。

大浦天主堂下電停でトラムを降りる。大浦天主堂やグラバー園といった長崎観光の目玉とも言うべきエリアとは反対側に進み、大通りから少し中に入ると、中国チックな建物が現れる。

P1060214

孔子廟である。10年ほど前、当時大学生だった私は、毎年JIN、ぎーさん、くっぺちゃんの四人組で九州に遊びに来ていたのだが、そのうち1回の長崎観光で訪れて以来である。

長崎の孔子廟は、元々1647年に創建されたそうだ。その後、燃えたり、移転したりしたようだ。今の孔子廟は、1893年に建てられたそうだ。

早速、チケットを購入し、中に入った。

P1060215

P1060217

まず儀門という名の門がある。

P1060216

その向かいには石橋があり、さらに石の門がある。すい星門というらしく、何でも鳥居の原型なのだとか・・・

P1060219

儀門の左右に、奇妙な動物が碑を背負っている石像があった。この動物は竜王の9番目の子で龍蝠というのだそうだ。背負っている碑文は孔子を讃える詩らしい。

P1060220

儀門をくぐる。

P1060222

大成殿、すなわち孔子廟の正殿である。

ちなみに大成殿を望む広場の左右には、回廊があるのだが、その軒先には、

P1060221

P1060223

孔子の高弟72賢人が並ぶ。台座には一人一人名前が書いてあるが、誰一人分からん。

P1060224

回廊には、

P1060225

論語が彫られた石板が飾ってあった。

P1060228

では、大成殿を見学する。

P1060227

手前の階段の中央には龍が彫られた石板がある。

P1060229

孔子の高弟で翁仲(こうちゅう)はんと言うらしいが、全く分からない。

P1060230 

げっ!?大成殿の横手にはまだまだ賢人が・・・

P1060226

右側も・・・

P1060231

大成殿に入ると、正面に早速孔子はんと思われる御仁がいた。

P1060235

なかなか厳ついな・・・

P1060232

こりゃ、麒麟かいな?

P1060238

おお!武器や!

P1060236

P1060237

お偉い方々の位牌が並んでいるが、孟子しか分からん。儒教の勉強をせんといかんと思った。

P1060234

おやおや?これは湯島聖堂で見たぞ!宙吊りの器は空の状態では傾いているが、水を入れると真っ直ぐになっていく。しかし、入れすぎると、器がひっくり返って空になるという。何事もやり過ぎはあきまへんという、説教道具だ。

やってみよう・・・

柄杓で水を入れる。

おお!?まっすぐになってきた。

柄杓で水を入れる。

おお!ひっくり返った!!(゚ロ゚屮)屮

ああ、勉強になった

P1060239

大成殿の裏手には近代的なビルディングがある。これは中国歴代博物館という。北京の故宮博物院と提携しており、その収蔵品をいくつか借りて展示しているのだ。中に入ると、判子ばかりだった。その他、中国の焼き物なども展示されており、なかなか面白かった。

さて、次はどこ行こう・・・

« 2011年初夢シリーズ(その2:六篠八幡神社) | トップページ | 長崎ぶらり(その2:日本二十六聖人記念館) »

長崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年初夢シリーズ(その2:六篠八幡神社) | トップページ | 長崎ぶらり(その2:日本二十六聖人記念館) »