フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2011年初夢シリーズ(その1:廣田神社Ⅱ) | トップページ | 長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟) »

2011年2月 6日 (日)

2011年初夢シリーズ(その2:六篠八幡神社)

平成22年1月1日。まだ元日である。叔母の家に来たついでに、近くにある六篠八幡へ詣でることにした。

神戸市北区山田町。ここは、叔母の家があることもあり、子供の頃からよく遊びに来たところでもあり、震災後2年ほど住んだ疎開先でもある。単に思い出深い土地というだけでなく、ここに住むことがなかったら、JINやぎーさん、くっぺちゃん等のさんぽ会メンバーとも出会わなかったところで、わが人生の中で非常に重要な土地なのである。

年寄りの昔話は置いておいて、、、

初詣にはおとんとおかんの家族で参った。

P1050512

参拝客がずいぶん並んでいる。こんなに人多かったっけ?

六篠八幡神社の周辺は、とっても田舎で過疎地域なのだが、近場に新興住宅地ができているので、参拝客は多いのだろう。

P1050513

六篠八幡神社は旧山田村13箇村の総鎮守である。社伝によると、平安時代中期に創建らしいが、どうも鎌倉時代くらいに創建というのが妥当らしい。確かに歴史はあるが、これだけでは単なる村の神社である。この神社、何が普通じゃないかというと、本殿の右奥に見えるのだが、神社なのに三重塔があるのだ。要するに、明治時代の廃仏毀釈を経験しつつも、三重塔を死守した、珍しい神社なのである。

P1050514

三重塔は置いておいて、参拝、参拝。。。

P1050516

なんか違和感が・・・

P1050519

参拝を終え、少し周囲を散策する。一番奥が本殿、手前が拝殿、その手前が・・・?

P1050517

なんとさっき参拝したのは、拝殿ではなかったようだ。神楽殿のようである。普通は、神楽殿がもっと手前にあって、参拝は拝殿にすると思うのだが、不思議な造りをしている。

しかも拝殿と本殿の周囲には、回廊が巻いている。この回廊と神楽殿、おとんが子供の頃はちゃんばらの舞台だったそうだ。子供は怖い。文化財なんて、お構いなしだ。

P1050518

こちらにあるのは、薬師堂である。神宮寺の名残がここにもあった。おとんの話では物置だそうだ。

P1050524

いよいよ三重塔である。

P1050521

この三重塔、室町時代のものである。屋根が反り返って、かなり格好がいい。国の重要文化財である。

実は、六篠八幡神社、ちょっと怖い話がある。かつて、境内に生えていた松だったと思うが、木を切り、薪にしたそうな。それを村人で分けて使ったところ、村人の大多数が原因不明の病気になったそうだ。それで、八幡さんの祟りだということになったらしい。もっともおとんの家族には、被害なしだったそうだ。おとん曰く、「あまりに貧乏で八幡さんも勘弁してくらたんちゃうか?」

その他にも人魂の目撃談もある。おとんが子供の頃、この神社は神主が不在になった。村人の話では八幡さんの祟りにびびって逃げたというのだが・・・

一番聞いて恐ろしかったのが、

P1050523

三重塔の扉が風もないのに勝手に開くということだ。おとんが友達と遊んでいると、ギギーと定期的に開いていたそうな。あまりにも頻繁に開くので、特に怖いとかはなかったそうだが、よっぽどインパクトがあったのか、おとんの兄弟が一同にそろうとき、この話が必ずといっていいほど出てくる。みな同じ証言をしているのだ。この扉、閉まっているときに開けようとしても、びくともしないらしい。

ちなみに扉が開いているときに、おとんは中に入ったことがあるそうだ。中には仏像が並んでいるんだそうだ。

ちょっと怖い話も、最近はまったく怪談を聞かない。八幡さんのお怒りも鎮まったのだろうか。

こんな話をしてしまったが、歴史的に素晴らしい神社である。とくに造りは面白い。

参拝を済ました後、叔母の家に行き、私のお土産の豊前海一粒かきを皆で食い、元日が終わった。

« 2011年初夢シリーズ(その1:廣田神社Ⅱ) | トップページ | 長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年初夢シリーズ(その1:廣田神社Ⅱ) | トップページ | 長崎ぶらり(その1:長崎孔子廟) »