フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その13:靖国神社) | トップページ | 石切さん前編 »

2011年1月27日 (木)

関東文化的探求の旅Ⅱ(その14:明治神宮)

明治神宮は原宿の駅のまん前にある。

P1040989

とても大都会の真ん中とは思えない、厳かな森が広がっている。

P1040991

もともとここ代々木の土地には森などなかったのだが、明治神宮の建設にあたり、日本全国はもとより樺太や台湾、朝鮮半島などから様々な木を植樹した結果、このような多様な植生の森になったのだ。なんでも100年後を想定した森作りを行ったらしい。現在、それは見事な森が広がっており、先人たちの知恵には驚かされる。

P1040992

手入れとかはせずに、自然のままに出来上がった森なのだ。

P1040993

P1040994

それにしても広大な敷地である。

P1040995

やっとこさ、本殿エリアが見えてきた。

P1040996

楼門をくぐる。

P1040997

P1040998

外拝殿である。実はこの奥にさらに内拝殿があるのだ。

P1050001

一般には外拝殿までしか参拝できないようだ。奥が内拝殿である。さらにその奥に本殿があるはずである。

さて、明治神宮であるが、明治天皇と昭憲皇太后をご祭神として、1920年に創建の神社である。当時は当然、官幣大社であったが、戦後、単立神社になった。

この明治神宮、立地条件の良さか、明治天皇のカリスマ性か、とにかく参拝客が多い。初詣の参拝客は毎年、全国一位である。私は、恥ずかしながら、今回初めて参拝したのだが、全国一位に偽りなしといった、迫力がある神社であった。

P1050002

こうして、参拝を終えた。

この後、とりあえず原宿のデメル(ウィーンのケーキ屋さん)にて、ザッハー・トルテを堪能し、そのまま別のケーキを食って昼食としてしまった。

昼食後は、ぶらぶら買い物やら何やらをして、今回の旅を終えた。

おしまい。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その13:靖国神社) | トップページ | 石切さん前編 »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その13:靖国神社) | トップページ | 石切さん前編 »