フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その12:とげぬき地蔵) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その14:明治神宮) »

2011年1月25日 (火)

関東文化的探求の旅Ⅱ(その13:靖国神社)

政治的な意味で毎年、何かとニュースで流れてる、かの有名な靖国神社にやってきた。

P1040973

靖国神社は、戊辰戦争以来の軍人・軍属を英霊として祀る神社である。1869年に東京招魂社としてスタートし、1879年に靖国神社に改称し、別格官幣社になった。昭和21年に政教分離の原則に従い、国からも神社本庁からも離れ、単立の宗教法人となり、現在に至る。祀られている英霊であるが、やはり圧倒的に太平洋戦争の犠牲者が多い。政教分離の意味から総理大臣が公式参拝しちゃまずいやろうという話や本人や遺族の意向を聞かずに神社の方針で祀られてしまうシステムに、たびたびニュースを騒がさせている。

今回はそんな話は置いておいて、純粋に一神社として見学・参拝した。

P1040974

第一鳥居を抜けると、長々と参拝路が続いている。

P1040975

第一鳥居から第二鳥居までのちょうど中間点に、近代陸軍の創設者にして、靖国神社創建の立役者、大村益次郎の銅像が立っている。

P1040976

P1040977

第二鳥居である。

P1040978

第二鳥居をくぐると、すぐに神門がある。神門をくぐる。

P1040979

P1040980

中門鳥居があり、その先に拝殿がある。

P1040981

拝殿は明治の建物だ。

P1040983

参拝を済ますと、たぶん中国の旅行者がやってきた。中国の人って、靖国神社に対して、いい印象がないんじゃ?と思って見ていると、真剣な表情で参拝していた。あれれ?なんか予想と違うなあ。。。ま、ありがたいことですが・・・

P1040984

境内からは高層ビルが見えて、神社の厳かな雰囲気とのミスマッチが面白い。

P1040986

こちらは能楽堂である。

P1040985

こちらが遊就館といい、遺品などを収蔵する資料館である。折角なので見学した。

中に入ると、非常に近代的な建物である。チケットを自販機で購入すると、メカニックな改札機にチケットを通し、見学が始まる。

P1040987

まだ有料ゾーンではない、玄関ホールにはゼロ戦がある。先ほど参拝で一緒だった中国人がたまたま前にいたのだが、ゼロ戦にはしゃいでいた。・・・こういう人もいるんやね。。。

さて、遊就館の展示であるが、正直つらいものがある。特に祀られている英霊たちが整然の写真とともに紹介されているコーナーでは、自分よりも若くでなくなった人が多いことにかなりショックを受けた。

こうして靖国神社の見学・参拝を終えた。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その12:とげぬき地蔵) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その14:明治神宮) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その12:とげぬき地蔵) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その14:明治神宮) »