フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その6:神田明神) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その8:香取神宮) »

2011年1月11日 (火)

関東文化的探求の旅Ⅱ(その7:成田山新勝寺)

平成22年9月24日。三日目である。それにしても今日も寒い。9月の気温とは思えない。天気予報では最高気温が20度を切るらしい。昨日、神保町を散策中発見したアウトドアショップで購入したロンTがなければ、すっかり凍えてしまうところであった。

さて、今日の第一目的であるが、成田山である。電車を乗り継いで、成田まで到着するとテクテクと参道を歩き出した。

P1040837

総門である。何気にここまで遠かった。

P1040838

総門をくぐると、次に見えるのが仁王門である。

P1040839

P1040840_2

何やら古そうな門だなあと思えば、19世紀の門で国の重要文化財だとか・・・

P1040841

仁王門を抜けると、また階段である。手前には池がある。

P1040842

あれは独鈷かな?

P1040843

振り返ると、仁王門。。。

P1040844

石段を上り終えた。

P1040845

正面が大本堂である。

P1040846

右手には三重塔、一切経堂、鐘楼が並ぶ。

まずは大本堂へお参りする。

さて、成田山新勝寺であるが、真言宗智山派の寺院である。新勝寺という寺号よりも成田山という山号のほうが有名な気がする。比叡山高野山も山号のほうが有名かな?あと、書写山とか・・・

本尊は不動明王だ。

神田明神を崇敬する者は成田山を参拝してはいけないという話がある。

これはこのお寺の起こりに由来するためだ。平将門の乱の平定祈願のため、朱雀天皇が寛朝というお坊さんを東国へ派遣したことに始まる。寛朝は神護寺にあった弘法大師作の不動明王像を持って、成田にお寺を開いたのが、新勝寺の起こりである。新勝寺とは「新たに勝つ」という意味だそうだ。まあ、平将門にしてみれば、祈願とはいえ、憎い敵ということなので、平将門派は成田山がタブーになっているのだろう。。。

ってか、私大丈夫か?昨日、神田明神にいったばっかやぞい!?

・・・まあ、ええか・・・

お参りを済ませると、境内の散策をする。

P1040847

三重塔は18世紀のもので、国の重要文化財だ。

P1040848

一切経堂である。18世紀のもので、市の文化財である。

P1040849

おお!ぐるぐる回すやつや!

P1040850

鐘楼である。

P1040851

右手の少し奥に妙な建物が・・・

聖徳太子堂というらしい。これって夢殿?

P1040852

大本堂の裏に回ってみた。

P1040853

なんかいっぱいいるぞ?

P1040854

こんなのがいっぱい・・・

P1040855

P1040856

大本堂裏手の階段を上ると、左手に額堂があった。ようは絵馬殿?19世紀のもので、国の重要文化財だ。

P1040857

右手には開山堂がある。

P1040858

正面が光明堂で、旧本堂である。18世紀のもので、こちらも国の重要文化財である。

P1040859

光明堂の左側に奥の院を示す看板があった。

P1040860

こちらが奥の院のようだ。

P1040861

なんも見えんなあ。。。

P1040862

P1040863

この石碑が珍しいらしい。

P1040864

奥の院の右は清瀧権現堂である。成田山の鎮守だ。

P1040865

弘法大師様?

P1040866

最奥部には、度派手な平和大塔が立っている。1984年建立と新しい。

P1040867

せっかくだから中に入ってみたが、2階におられる不動明王様が身近に見られるくらいである。しかし、この不動明王、巨大でなかなか迫力があった。ちなみに明王様は外にある階段を上っても見学できる。

P1040869

最後に釈迦堂(重要文化財)を見学し、成田山新勝寺参拝を終えた。

予想以上に歴史と風格の漂う、雰囲気の良い寺院であった。ここと同じとは思えない。。。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その6:神田明神) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その8:香取神宮) »

千葉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その6:神田明神) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その8:香取神宮) »