フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その4:我孫子のとんでもないそばと湯島天神) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その6:神田明神) »

2011年1月 4日 (火)

関東文化的探求の旅Ⅱ(その5:湯島聖堂)

湯島聖堂にやってきた。

P1040813

湯島聖堂は、もともと林羅山が私邸内に建てた孔子廟である。将軍徳川綱吉がこれを大成殿と改称し、これを含む建物を聖堂と呼ぶようにした。その後、寛政異学の禁によって、そのあり方を見直された結果、幕府官立の昌平坂学問所となった。これ以降、教育のメッカになったのだ。このへんは日本史の授業で習ったような気がする・・・

現在の建物は、昭和10年の再建である。

P1040814

杏壇門をくぐると、

P1040816

大成殿に着いた。

P1040817

大成殿には、孔子や孟子などの儒家が祀られている。

P1040823

真ん中が孔子であろう。

P1040820

P1040822

周囲の壁には、絵が並ぶ。こちらも儒家オールスターズであろうか・・・?

P1040818

これは宥坐の器という。左の宙吊りの壷は、空の状態だと傾いている。柄杓で水を汲みいれていくと、壷が真っ直ぐになっていく。しかし、入れすぎると、ひっくり返って、水が流れてしまう仕掛けなのだ。何事もやり過ぎは良くないよという中庸の徳を教える道具なのだ。

P1040819

このセット、鬼犾頭と鬼龍子というらしい。大成殿の屋根飾りで、関東大震災の際、焼け残ったものだそうだ。鬼龍子は魔除けで、鬼犾頭は水の神で火除けらしい。。。

雨が降っていたせいもあるのか、堂内は係りの人が一人いるのみで誰もおらず、大層厳かな雰囲気が満ちており、いい感じだった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その4:我孫子のとんでもないそばと湯島天神) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その6:神田明神) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その4:我孫子のとんでもないそばと湯島天神) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その6:神田明神) »