フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その7:成田山新勝寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その9:伊能忠敬旧宅) »

2011年1月12日 (水)

関東文化的探求の旅Ⅱ(その8:香取神宮)

香取神宮は、式内社にして、下総国一ノ宮、旧官幣大社という、大変格式の高い神社である。なんでも平安時代に神宮といわれた神社は、伊勢神宮と鹿島神宮とここだけということだ。その割には知名度低いような・・・

大和朝廷の蝦夷討伐最前線として鹿島神宮とともに重要視された神社らしい。

この香取神宮であるが、JR香取駅で降りると大変なことになる。その先の交通機関がないからだ。したがって、一駅手前の佐原駅で降りる。

さて、どうやって行こうか・・・

微妙に場所も分からないので、観光案内所で聞いてみた。

私:香取神宮までバスとかあるんですか?

案内所の人:バスもあるけど、あまり本数がないですね。天気がよければ自転車がいいんですが・・・

(今日は曇天時々雨である)

私:自転車でいいです!

案内書の人:・・・・

天候不順にもかかわらず自転車を所望する私に半ば呆れ顔の案内所の人であった。

この案内所ではレンタサイクルを行っていたので、借りた。

自転車にまたがり、案内所で買った地図を片手にレッツラ・ゴーヽ(´▽`)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この佐原という場所であるが、江戸時代に利根川水運で栄えた町で、古い町並みが残っており、ちょっとした観光地なのである。

P1040870

さすが水郷の町、いい雰囲気じゃないですか・・・

自転車をひたすらこぐ。。。

う~む、足に乳酸が溜まってきた。しかし、なんとか天気ももっているなあ。。。よかった、よかった。

P1040871

香取神宮の鳥居が見えた。もう少しだ。

P1040872

いよいよ神宮である。

お土産屋さんの営業を物ともせず、進むと、

P1040873

香取神宮である。さあ、行こう!

P1040874

なかなかうっそうとした参道だ。

P1040875_2

脇道があり、要石道とある。こちらへ進んでみる。

P1040876

P1040877

P1040878

しばらくいくと護国神社があった。このさらに奥へ進む。

P1040879

P1040880

要石だ。

昔々、地中の大なまずが騒ぐので、ここら辺りは地震が多かったそうな。。。で、香取神宮の神様と鹿島神宮の神様がそれぞれ石の棒でナマズの頭と尻尾を突き刺して、動けなくしたそうな。。。その石棒の先がこの要石なのだ!!(゚ロ゚屮)屮

P1040881

これが・・・?

・・・・・・・

P1040882

・・・ちっさ!

P1040884

本ルートへ戻ってきた。

P1040885

P1040886

総門をくぐる。

P1040887

P1040888

P1040889

楼門である。重要文化財だ。

楼門を抜けると、

P1040890

拝殿がある。

P1040891

それにしても、何か迫力が・・・

P1040892

拝殿の裏に本殿があるが、重要文化財だった。

P1040893

黒基調の社殿で渋い!まさに私好みの神社だ。正直、期待していなかっただけに、かなり嬉しい発見だった。

P1040896

P1040897

これで、だいたい見たな。。。戻ろう。。。

総門まで戻ると、奥宮に行ってない事に気付いた。うう、もう少し歩くか・・・

P1040898

P1040899

P1040900

・・・これ?

なんか疲れが余計に出てきたような・・・

こうして、帰りもお土産屋さんの猛攻を物ともせず、自転車にまたがり、颯爽と漕ぎ出したのだった。

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その7:成田山新勝寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その9:伊能忠敬旧宅) »

千葉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅱ(その7:成田山新勝寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅱ(その9:伊能忠敬旧宅) »