フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 香港澳門脂肪遊戯(その1:導入) | トップページ | 香港澳門脂肪遊戯(その3:香港街歩き) »

2010年11月 1日 (月)

香港澳門脂肪遊戯(その2:竹園海鮮飯店)

ホテルから出ると、金鐘駅まで歩く。亜熱帯特有のむわっとじめっとした空気だ。金鐘駅からは地下鉄に乗る。

P1050020

P1050021

P1050022

ここから荃湾線に乗り、九龍半島側へ行く。

P1050026

尖沙咀で降りて、アベニューオブスターズでも見に行くかということになった。香港俳優の手形とかがある観光スポットで、ヴィクトリア・ハーバーにある。

P1050030

何じゃ、この人ごみは

何かのお祭りらしい。う~ん。悠長に手形など見てられないなあ。。。

口惜しくも、その場を去る。

仕方ないから夕食でも食うか・・・

P1050031

P1050032

P1050033

P1050034

香港に来たって、感じですねぇ。

P1050035

経の晩後はここ!竹園海鮮飯店という店である。

P1050036

早速、ツッチー隊長を先頭に入るぞ!

P1050037

ニシキエビかな?どうみても入れすぎやろ!

P1050038

ツッチーが流暢な英語で、予約なしの4人と告げると、すんなりと席に通してくれた。う~ん、楽だ。

P1050039

とりあえず、ビールっと!うっちょにとっては、何回目のビアですかねぇ?

P1050040

とりあえず、かんぱ~い

P1050041

この付け合せ、やたら辛かった。

注文はうっちょとツッチーが主に決めた。球児は北京ダックを食べたことがないと言うので、注文した。

P1050042

これが、適当なサイズに分けられる。そういや、台湾では食いきれんほどきたが・・・

P1050043

キタキタ!

P1050044

これに包む。

P1050046

あれっ!?皮だけ?身は?台湾では身もでたのに・・・

ツッチー曰く、ただの北京ダックではなく、二つの食べ方を楽しむ趣向が凝らしてあるとのこと。おそらく、後で違う食べ方で食べさせくれるのだろう。。。

P1050045

とりあえず、オーソドックスな食べ方で・・・

球児にみんなで食べ方をレクチャーしながら、食す。・・・美味い!

P1050047

一口あわびがきた。おそらくトコブシであろう。手頃な値段で、なかなか美味かった。

P1050048

私のリクエスト、マテ貝である。もっとしょぼいのがくるのかと思いきや、かなりでかい。それじゃ、食ってみよう。

・・・美味い、美味すぎる!

これはなかなかのヒットである。私的には本日一番のいい当たりであった。

P1050049

麻婆豆腐である。・・・これは、、、麻婆豆腐と言って、良いのか?麻婆豆腐愛好家の私としては、残念であった。

P1050050

エビである。少し、淡白な味だが、まあまあ美味かった。

P1050054

炒飯がきた。

うっちょ:飯がタイ米ですよ!

そんな、鼻息荒くせんでも・・・。そりゃ、亜熱帯の香港である。おそらく、広東省からでも米が入ってきてるのだろうが、インディカ米はあっても、ジャポニカ米はないでしょう?

ま、味は普通に美味かった。

P1050056

身に覚えがないのが来た。

ツッチーがすかさず、流暢な英語で持ってきたおばちゃんに頼んでない旨、伝える。

、、、おばちゃんは英語が通じなかった。

おばちゃんがおっちゃんを連れてきた。

どうやらこれが北京ダックの食べ方第二弾らしい。

P1050057

レタスに包んで食べるようだ。

では食ってみよう。

少し、塩辛い気がするが、なかなかいける。

このあと、誰が考えたか、みんなレタスに包まず、炒飯に乗せて食べだした。こうすると、ちょうど、ご飯に合うのだ。美味かった。

P1050058

ほどよくお腹も膨れたところで、デザートがやってきた。満足、満足

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

突然、それは起こった。

球児がスイカをとろうとしたところ、滑った。

熱っ

突然、熱湯がかかった。

P1050059

奇跡としかいいようがない。湯飲みの内径と、スイカ片の長辺がほぼ等しい。これが、ワンバウンドすることなく、直接カップインした。その代償として、お湯が球児に飛び掛ったのだが、私にまで被害が・・・。飛んだとばっちりである。普段なら、怒るところだが、あまりの奇跡に笑い転げてしまった。

まったく、この男はあの時といい・・・

いきなりの満塁ホームランである。初日からやってくれる。

さあ、デザートも食ったし、出ますか・・・

チェックを済まし、席を立つ。そういや、トイレに行くかな?

球児:私もトイレに・・・

(店員さんを見て)

球児:Excuse,(日本語で)ウォシュレットどこですか?

(一同唖然)

(店員さん、訳が分からず、苦笑い。)

ツッチーがすぐに我に返り、トイレの場所を聞いた。

この男、まさか一イニング二打席連続満塁ホームランをかっ飛ばしてくるとは・・・

« 香港澳門脂肪遊戯(その1:導入) | トップページ | 香港澳門脂肪遊戯(その3:香港街歩き) »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 香港澳門脂肪遊戯(その1:導入) | トップページ | 香港澳門脂肪遊戯(その3:香港街歩き) »