フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 雲仙家族旅行 | トップページ | 呼子探訪(その2:七つ釜) »

2010年10月11日 (月)

呼子探訪(その1:呼子で烏賊を食べた話)

平成22年7月17日。三連休を利用してJIN氏が来福した。新婚さんが旦那だけ自由行動していいものか、甚だ疑問であるが、嫁は嫁で気ままに走っているらしい。そのへんは、特殊な夫婦なので、まーいいとしよう。。。JIN氏曰く、九州に来ると、ほっとするらしい。何かから解き放たれるのか?ま、今回はゆっくり楽しんでいってくださいね、、、

で、一日目は呼子に烏賊を食べにいくことにした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

昼前に遠路はるばる?車で博多駅にやってきた。JIN氏来福の一方を聞き、お迎えにあがった次第だ。JIN氏はすでに着いていてヨドバシにて、お買い物をされているらしい。早速、ヨドバシへ。あれっ?こんなとこに本屋がでぇきてぇる"ぅ。いや、前からあったのか?とにかくついつい立ち止まってしまった。JIN氏にメール。今本屋。やがて、向こうからやってきた。

Welcome to JapanFukuoka!

いよいよ呼子に行く。呼子と言えば、こっちではケンサキイカの産地として有名だ。福岡県民として言っておきたいが、福岡もケンサキイカはたくさん捕れる。福岡の居酒屋じゃあ、イカの活け造りはいたって普通だ。ま、今回はブランド的な呼子のイカを調査したいと思ふ。

呼子に着いたころにはちょうどいい塩梅にお昼だった。さっそく、適当にいか料理屋に入る。今回は呼子じゃちょいと名の通った萬坊の姉妹店、ふく萬坊にはいった。

コースを頼んでみた。

P1040324

まずは小鉢を。車じゃなかったらビアでもくいっといきたい気分だ。

P1040325

これぞ、萬坊の真骨頂”いかしゅうまい”。早速食す。

美味い!美味すぎる!

P1040326

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いかの活け造りである。まだ、生きてますよーーーー

じゃ、じゃじゃじゃあああ、食べますよー

ぱくっ

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

やっぱり新鮮ないかは一味違いますよ!

さすが、JIN君だ。

我ながらいい買い物をしたもんだ。

まあ、某国民的アニメの真似はこのへんにして、新鮮なイカの刺身は実に甘みがあってよい。ケンサキイカで白く濁った刺身など残念で見ていられない。

P1040327

最後は、さっきの刺身の残骸をてんぷらにしてくれた。これも非常に美味い代物だった。

少し値をはる昼食であったが、充分にその価値はあったといえよう。

P1040328

港で干されるイカたち。こういう光景って、なんかいいですなぁ。。。

さて、さっきJIN氏が会計のときに遊覧船の割引券もらったことだし、遊覧でも行ってみますか!

« 雲仙家族旅行 | トップページ | 呼子探訪(その2:七つ釜) »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雲仙家族旅行 | トップページ | 呼子探訪(その2:七つ釜) »