フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 呼子探訪(その2:七つ釜) | トップページ | 呼子探訪(その4:波戸岬) »

2010年10月14日 (木)

呼子探訪(その3:名護屋城跡)

呼子から移動し、鎮西町にある名護屋城跡にやってきた。

駐車場を降りると、しばらくダラダラ坂を上る。

P1040355

途中、井戸跡があった。

しばらくいくと、入り口が見えてきた。

P1040356

P1040357

なかなかスケールが大きそうだ。

名護屋城はもちろん、愛知にある、名古屋城ではない。この城は、朝鮮出兵に際し、豊臣秀吉が建てさせた前線基地である。普請奉行には城造りの名人、加藤清正等がなっている。百パー戦用の城にもかかわらず、金箔を貼った瓦が発見されているらしく、秀吉らしいといえる。つまり、戦国マニア必見の城跡である。

P1040358

早速散策開始である。

P1040359

立派な石垣だ。

P1040360

P1040361

P1040364

見晴らしの良い場所に出た。

P1040362

この地図によると、誰それの陣がどこにあったと書いてある。JINと二人、テンション上がりまくりである。徳川家康やら本多忠勝やら真田昌幸やら、そうそうたるメンバーである。

P1040365

しばらく歩くと、すっかり林である。

P1040366

三の丸の井戸跡らしい。

P1040368

この林、どうやら三の丸跡らしい。完全に風化している。さて、この名護屋城であるが、朝鮮出兵後、その役目を終えたため、徐々に解体されていった。最終的には、島原の乱以降、幕府によって完全に破壊される。乱の拠点になることを恐れたほか、外交上の問題もあったようだ。明や朝鮮に攻めませんよというアピールのためである。

P1040370

こういうふうにところどころ、全盛期の面影を残す石垣がある。

P1040371

P1040373

いよいよ本丸である。

P1040374

P1040375

P1040377

P1040378

ここに天守閣があったようだ。

P1040380

例によって、地図と風景を見比べ、武将たちの陣を思い浮かべる。

P1040381

P1040382

おお、呼子大橋が見える。それにしても相当たるメンバーが出兵している。島津義弘とか上杉景勝とか、個人的には古田織部陣跡がテンションあがった。

しかしながら、かなりスケールのでかい城である。しかも、装飾には手を抜かなかったようなので、全盛期のものが現存していれば、どんなけすごい城だったのだろう。当然、世界遺産になっていただろうと思う。惜しい!私にとって、タイムマシーンがあったら見てみたい城は、1位安土城、2位石山御坊、3位大阪城(秀吉ヴァージョン)であるが、名護屋城は、今回の視察で四位が決定した。

« 呼子探訪(その2:七つ釜) | トップページ | 呼子探訪(その4:波戸岬) »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 呼子探訪(その2:七つ釜) | トップページ | 呼子探訪(その4:波戸岬) »