フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 人吉・球磨探訪(その2:永国寺(幽霊寺)) | トップページ | 人吉・球磨探訪(その4:球泉洞Ⅱ) »

2010年10月21日 (木)

人吉・球磨探訪(その3:球泉洞Ⅰ)

球泉洞は熊本県球磨村にある鍾乳洞である。九州最長(全国では2番目、洞窟としては6番目)の鍾乳洞である。総延長は4,800mにもなるが、一般公開されているのは、そのうち800mだけである。

球磨川沿いをドライブし、球泉洞にやってきた。

P1040451

P1040452

ここが入り口である。よく見れば、何故か蝙蝠模様が書いてある。もともと蝙蝠の巣として知られていた洞穴を愛媛大学が調査して発見した鍾乳洞なので、蝙蝠に対して思い入れがあるのだろう。

P1040453

しばらくは、コンクリートで固められた連絡トンネルを歩く。入って、数mで一挙に気温が下がった。寒っ

P1040455

いよいよ鍾乳洞の始まりである。

P1040456

洞窟内を川が流れている。山に降った雨水がとてつもない時間をかけてろ過されてきているのだから、きっと素晴らしく澄んでいるのだろう。残念ながら暗くて見えない。

P1040457

鍾乳洞の散策通路はこのように、道が整備されているので、安全安心だ。

P1040458

フローストーンとな?洞窟の壁に薄く覆いかぶさったような鍾乳石のことらしい。そのへんの説明がないので、よくわからんかった。

P1040459

これが、鍾乳石とそうでない層との境界面らしい。

P1040460

P1040461

ポットホールとな?落ちてきた水滴によってできた穴のことらしい。

P1040462

またまた地下水だ。こういうのが、地表に出て、球磨川に流れているのだろう。

P1040463

天然橋とある。確かに岩と岩をつなぐ橋になっている。こういうのが自然に出来るとは不思議なものだ。

P1040464

P1040466_2

洞穴さんごとある。炭酸カルシウムの結晶がさんご状になったものだろうか?

P1040467

これが洞穴さんごらしい。

P1040469

P1040470_2

やたら天井の高い空間に出た。中央ホールと言い、20mの高さがあるそうだ。ここから上り階段で一挙に上昇する。

P1040471

P1040472

P1040473

P1040474

石柱である。

P1040475

P1040476

P1040477

JINが先行して、ずんずん鍾乳洞を進む。途中、何人も抜いてきた。ちょいと速くないか?床が湿ってて、すっ転びそうだ。

P1040478

P1040479

P1040480

下を見ると、ごうごうと水が流れている。滝のようだ。

P1040482

鍾乳洞はまだまだ続く。

« 人吉・球磨探訪(その2:永国寺(幽霊寺)) | トップページ | 人吉・球磨探訪(その4:球泉洞Ⅱ) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。