フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 大阪を歩く!Ⅱ(その3:四天王寺Ⅲ) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅱ(その5:安居神社、今宮戎神社、廣田神社) »

2010年9月 3日 (金)

大阪を歩く!Ⅱ(その4:一心寺)

四天王寺からでんでんタウンへと、てくてく歩いていると、異様なものを見た。

P1040006

あれっ!?ここって、確かその筋の業界ではとっても有名な寺じゃ・・・?

P1030994

そうである。大阪が誇る?珍寺、一心寺である。とにかく、この山門がインパクトありまくりである。

P1030995

P1030996

これらの謎の巨人は、阿形像と吽形像である。こいつはとんだ仁王像だ!どこかの彫刻家の作品らしい。

P1030997

山門をくぐると、寺である。

P1030998

P1030999 

この先に、この寺が有名である理由、骨仏がある。

P1040001

このお寺、実はかなり古くから存在している。浄土宗のお寺ではあるが、宗派にこだわらず、納骨を受け入れたものだから、集まった骨で仏様を作ってしまったのだ。

こんなことを1887年から10年ごとに続けている。戦前のものは伽藍とともに戦争で焼失したようだ。戦後7期から骨仏づくりを再開し、最新は13期である。

P1040002

こんな感じで鎮座している。

P1040003

境内には、本多忠勝の次男、本多忠朝の墓がある。大阪冬の陣で酒を飲んでいたため、失敗し、汚名返上しようと、夏の陣で壮絶に戦死したそうな。死に際に、「戒むべきは酒なり、今後わが墓に詣でる者は、必ず酒嫌いとなるべし」とか言ったとかなんとか・・・

で、「酒封じの神様」らしい。まあ、もともと酒嫌いの私には関係ないが・・・

さあ、出よう・・・

P1040004

ええケツしとるなあ。。。

P1040005

とにかく妙な寺であった。

« 大阪を歩く!Ⅱ(その3:四天王寺Ⅲ) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅱ(その5:安居神社、今宮戎神社、廣田神社) »

大阪府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。