フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鳥取へ、ふたたび(その4:砂の美術館) | トップページ | 雲仙家族旅行 »

2010年9月28日 (火)

鳥取へ、ふたたび(その5:鳥取砂丘)

いよいよ鳥取砂丘へ行く。

P1040197

鳥取砂丘といえば、説明の必要もなかろう。。。

P1040199

う~ん、砂漠みたいですなあ。。。

P1040200

らくだに乗せる商売がある。砂丘を砂漠に見立ているのでしょう。。。私もインドでラクダに乗ったが、象より乗り心地はよかった。

それにしても、靴に砂が入って、気持ち悪い。

P1040202

おお丘が見える。

しばらく歩くと、O氏と柵田氏の親方コンビが向こうから歩いてきた。あれっ?JINとぎーさんは?

二人曰く、自分たちは丘の上まで行って降りてきたが、JINとぎーさんは丘の向こうの海岸まで行ったとのこと。JINはともかく、ぎーさんがそんな積極的とは。。。体力的に大丈夫なんかいな?

ま、私も丘の上まで行くことにした。くっぺちゃんときよしは、親方と砂丘センターに行くとのことだ。

P1040203

P1040204

うおおおお。。。。全力で駆けるが、ぜんぜん進まない。Bダッシュだ足りないのか?

P1040205

P1040206

ようやく頂上に着いた。

P1040207

上ってきた方向を見下ろす。なかなかの高さだ。

P1040209

海~!

JINとぎーさんは見当たらんなあ。。。

P1040211

しゃーないから帰るか・・・

P1040215

うおおおおおお。降りてると加速がついてもうた。。。。

雄たけびを上げながら下る、恥ずかしいおっさん一人。

砂丘センターにめがけて、ひーひー歩いていると、後ろからなんとなく見覚えのある二人組みがきた。JINとぎーさんと再会した。ぎーさん、よく体力もったなあ。。。

P1040216

砂丘センターで全員再開し、お土産を物色したところで、今回のさんぽ会旅行を終えた。

おしまい。

« 鳥取へ、ふたたび(その4:砂の美術館) | トップページ | 雲仙家族旅行 »

鳥取県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。