フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 大阪を歩く!Ⅱ(その5:安居神社、今宮戎神社、廣田神社) | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その1:三朝温泉Ⅰ) »

2010年9月10日 (金)

西宮神社

平成22年5月1日。ゴールデンウィークである。ということで神戸に帰省してきた。ゴールデン期間中はさんぽ会の旅行も控えている。ちょいとぶらつきがてら、西宮神社に行ってみた。

P1040029

西宮神社は、その名にあるとおり、西宮にある。社格としてはここから北にある廣田神社のほうが上だが、全国的に名の通っているのは、こちらだ。この西宮神社は、俗に言う、「えべっさん」である。何を隠そう、全国蛭子社の総本社なのである。

えべっさんと言えば、十日えびすである。その十日えびすは1月9日宵えびす、10日本えびす、11日残り福と三日間の祭りである。10日の本えびすの早朝には、福男が選ばれる。門から本殿まで、かけっこをし、1番の男が福男してもてはやされるのだ。最近、ニュースとかで風物詩化しているので、関西以外の人でも見たことがあるだろう。。。

では、福男レースの道を辿ってみよう。。。

P1040030

ここは直線なので、楽そうである。

P1040031

おおっと、ここはよくこけてらっしゃるカーブですな。確かに滑りそうな道である。

P1040032

カーブの前にあるのは、南宮神社である。何故か、廣田神社の摂社らしい。

P1040033

灘五郷の一つ西宮郷にあるだけに、清酒の供えは万全だ。

P1040034

あれ、工事中だ。

P1040035

P1040037

拝殿が見えてきた。いよいよ福男のゴールだ。

P1040038

さすが、こんな時期は閑散としている。

十日えびすのときは・・・

Img_0832

Img_0833

Img_0835

Img_0838

えらいことになる。この画像は、 平成19年のものだ。

P1040039

P1040040

P1040041

こういう摂社末社も十日えびすのときは人がたくさん参る。

西宮神社から出た。

P1040042

ふと塀を見ると、文化財らしい。室町時代初期の練塀で、日本最古の築地塀にして、日本三練塀の一つらしい。そんな三大は聞いたことがない。

P1040043

これがねぇ。。。

散策を終了した。

« 大阪を歩く!Ⅱ(その5:安居神社、今宮戎神社、廣田神社) | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その1:三朝温泉Ⅰ) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。