フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 西宮神社 | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その2:三朝温泉Ⅱ) »

2010年9月14日 (火)

鳥取へ、ふたたび(その1:三朝温泉Ⅰ)

平成22年5月3日。恒例のさんぽ会主催旅行の開幕である。昨年は伊勢だったが、今年は鳥取の三朝温泉だ。今回は、いつも不参加であった柵田氏が参戦することになった。どうなることやら・・・

平成22年度さんぽ会旅行参加者:ぎーさん、くっぺちゃん、JIN、O氏、きよし、柵田氏、私の計7人。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

車で三朝温泉にやってきた。

P1040080

お宿は有楽という旅館だ。早速、チェックインし、くつろぎきる前に、温泉街を散策することになった。三朝温泉は、昨年、私とJINとぎーさんで投入堂の帰りに立ち寄って以来だ。

P1040047

まずは、甘いもの大王のJINのたっての希望で、栃餅を買いに行く。といってももう売切れである。明日の朝の分を予約する。結構美味いらしい。。。私は食べなかったので、よくわからん。

P1040048

橋の上に縁結びのカジカ蛙像があった。これを撫でると恋が実るという。。。私の恋路はいずこ・・・?

P1040050

三朝温泉は、三徳川の川べりにある。

P1040049

明日、5月4日は、花湯祭りがあるらしく、このスピーカーから陽気な曲が流れていた。

P1040051

かじか橋を渡る。

P1040052

P1040053

かじか蛙がこびりついたオブジェだ。

P1040055

こちらは足湯である。

P1040054

気持ちよさそうだが、まあ、いいか、、、入らなかった。

P1040056

橋を渡り終えた。

P1040058

そのまま、川沿いの遊歩道を歩き、宿に戻ることにする。

P1040057

P1040059

やがて、温泉街へ。

P1040060

薬師堂があった。

P1040061

温泉を飲めるらしい。飲んでみたが、やはり美味しいものではない。

P1040062

P1040064

P1040065

P1040066

三朝神社があった。なかなか風情のある神社だ。

P1040068

P1040071

P1040070

三朝小唄とかいう映画のロケ地らしい。ちょいとわからんなあ。。。

再び歩く。

P1040072

あれっこういうのどっかで見たな・・・

なにやらざわざわしてるなあと見てみると、、、

P1040073

明日の花湯祭りで使うを綱を作っていた。

花湯祭りはこの藤カズラで作られた綱で綱引きをする祭りである。東が勝てば豊作、西が勝てば商売繁盛らしい。どっちが勝ってもいいことしかない!

P1040074

P1040075

なかなか重労働のようだ。

P1040076

P1040077

長っ!

P1040078

P1040079

国際交流なのか、外国人の方々も参加していた。

なかなか貴重な風景を堪能できたところで、宿に帰った。

さあ、風呂入って、飯や!

« 西宮神社 | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その2:三朝温泉Ⅱ) »

鳥取県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西宮神社 | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その2:三朝温泉Ⅱ) »