フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鳥取へ、ふたたび(その1:三朝温泉Ⅰ) | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その3:倉吉の街並み) »

2010年9月17日 (金)

鳥取へ、ふたたび(その2:三朝温泉Ⅱ)

飯の前に風呂に入る。

うむ、いい湯だ。

三朝温泉の泉質は、ラジウムやラドンを含む放射能泉である。放射能というと恐ろしいイメージだが、微量だと、ホルミシス効果とやらがあり、大変体に良いとされている。

折角だから、ゆっくりつかろう。。。さんぽ会メンバーで漢(おとこ)について語り合った。それにしても、柵田氏のお腹、育ったなあ。。。

飯の後は、食事だ。

P1040081

うひょ~、これは美味そうだ!

P1040082

これらの食材は後で、BBQですわ。

P1040083

刺身盛り合わせ。

P1040085

ヒラメ~

ところで、ヒラメのカレイの違いって分かるだろうか?

まあ、例外はあるわけだが、

俗に「左ひらめに右かれい」と言われる。

まず、ヒラメ・カレイ類を本来の魚らしい姿に置いてみる。すなわち、鰓のある方を腹にして、立ててみる。そうしたときに、体の左側に眼があるのがヒラメで、右に眼があるとカレイである。まあ、知ってる人にしたら「何知ったかぶりしてんねん!」と言われそうだが、薀蓄であった。

ところで、ヒラメの刺身は、まあ美味かった。

P1040086

P1040087

P1040088

P1040089

P1040092

P1040094

P1040095

P1040096

P1040098

美味い、美味い、美味い、料理うまいなあ~

食事もいよいよ終わるというころ、外で花火が打ちあがりだした。この後、デザートがあるらしいが、部屋で食べますかと提案してくれたので、ありがたくそうしてもらった。

外で花火見学する。

P1040105

P1040106

P1040112

P1040114

P1040115

ああ、きれいだった!

部屋に戻り、デザートを食らう。

P1040117

美味いっす!

そして、夜は更けていった。

当然、このあと、風呂に入り、早朝風呂も入った。

« 鳥取へ、ふたたび(その1:三朝温泉Ⅰ) | トップページ | 鳥取へ、ふたたび(その3:倉吉の街並み) »

鳥取県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。