フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ) | トップページ | 中欧旅行記(その47:アムステルダム街歩きⅣ~帰国) »

2010年8月 7日 (土)

中欧旅行記(その46:アムステルダム街歩きⅢ)

ダム広場から西に進む。

P1030739

P1030740

西教会が見えてきた。

P1030741

17世紀に建造されたもので、レンブラントの墓があるそうだが、今回はスルー・・・

この西教会の裏に、あの「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクの隠れ家があるのだ。せっかくだから見ていくか・・・

P1030742

・・・やっぱやんぴ!

あまりの多さに諦めた私は次の目的地に向かう。

トラムに乗り、ムント塔にやってきた。

P1030744

かつては城壁の一部で見張り塔であった。その後、17世紀に城壁が焼失し、塔だけが残ったそうだ。かつてムントという貨幣を鋳造していたことからその名がある。

ムント塔から東に進み、Gシアターを二軒ほど通り過ぎると、レンブラント広場がある。

レンブラント広場とは、レンブラントにちなんでおり、「夜警」のシーンが立体像で表現されたオブジェがある。

P1030748

・・・・・?

P1030746

これはレンブラント・・・

P1030747

どうやら撤去されたようだ。意味わからん!

P1030749

市庁舎見えたところで、次回へ続く。

« 中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ) | トップページ | 中欧旅行記(その47:アムステルダム街歩きⅣ~帰国) »

オランダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ) | トップページ | 中欧旅行記(その47:アムステルダム街歩きⅣ~帰国) »