フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その43:ヴェネツィア街歩きⅣ~アムステルダム) | トップページ | 中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ) »

2010年8月 1日 (日)

中欧旅行記(その44:アムステルダム街歩きⅠ)

アムステルダム・スキポール空港に着いた。

P1100868

さすが、ヨーロッパの玄関口である。でかい。

P1100869

P1100870

スキポール空港からアムステルダム中央駅までは鉄道を使う。

P1030704

20分ほどでアムステルダム中央駅に着いた。なかなか粋な駅舎だ。

P1100873

トラムに乗り込む。街歩きにはトラムの一日乗車券が便利だ。

P1030706_2

P1030707

アムステルダム国立美術館に着いた。

P1030708

19世紀の建物なので、そろそろ老朽化しつつあるということで修復工事がされるはずだったが、なんか地元の反対で計画が頓挫しているそうな。。。おかげ本館はこの有様だ。作品自体は見れる。

さっそく中に入る。アムステルダム観光は、JINと別々にすることになった。ま、第一目的地はお互いに美術館だったので、内部の見学から勝手に行動することになった。

・・・う~む。さすが、オランダ美術。素晴らしい。

ここの注目はレンブラントとフェルメールだ。中でもレンブラントの「夜警」は、美術の教科書だけでなく、世界史の教科書でもお馴染みの超大作だ。

ま、ここで画像もなし(撮影禁止)で、どうこう言っても仕方ないので、感想は素晴らしいとだけ。。。是非、訪れてほしい美術館である。

続いて、てくてくと歩き、

P1030709

P1030710

フィンセント・ファン・ゴッホ美術館にやってきた。

P1030711

えらい、近代的なビルディングだ。文字通り、ゴッホ作品を中心とした美術館である。

早速中に入る。

・・・ゴッホ作品に舌鼓を打つ。ちょいと私の好きな作品がなかったが、まあ、よしとしよう。

・・・あれ?JINがいる。似たような行動をしているようだ。

せっかくなので、この後、お茶でも行くかという話になった。

P1030712

P1030713

やってきたのは、カフェ・アメリカンである。

P1030714

P1030715

なかなか粋なカフェだ。

P1030716

朝はカプチーノがよく似合う。

P1030718

ちょいと甘いものでも・・・

さて、お茶を飲んで、ほっこりしたところで、街歩きに繰り出すとするか・・・

JINと分かれた。

« 中欧旅行記(その43:ヴェネツィア街歩きⅣ~アムステルダム) | トップページ | 中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ) »

オランダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その43:ヴェネツィア街歩きⅣ~アムステルダム) | トップページ | 中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ) »