フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その46:アムステルダム街歩きⅢ) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅱ(その1:四天王寺Ⅰ) »

2010年8月11日 (水)

中欧旅行記(その47:アムステルダム街歩きⅣ~帰国)

運河沿いを歩くと、マヘレの跳ね橋が見えてきた。

P1030750

P1030752

17世紀に造られたアムステルダムに現存する唯一の木造の跳ね橋である。

P1030755

早速渡ってみよう。。。

P1030756

すっかり舗装されており、あんまり雰囲気がない。

P1030757

確かに木造だ。ペンキ塗りたてなのか、結構臭った。

P1030758

P1030759

渡り終えた。

P1030754

ふと運河を眺めると、水鳥が優雅に泳いでいた。

P1030762

折角だから、近くのワーテルロープレインから地下鉄に乗ってみた。

P1030763

P1030765

一駅目のニューマルクトで降りた。

地上に上がると、そこはニューマルクト広場であり、その中に計量所がある。

P1030766

計量所は、元々城壁の一部であった。17世紀に広場に開かれた市場の計量所として1階が使われるようになった。ちなに2階はギルドだったとか。。。今現在はネカフェである。

ここニューマルクトからアムステルダム中央駅はすぐ近くである。ぶらぶら歩きながら行ってみよう。

P1030768

P1030767

街角の魚屋である。あまり美味そうに見えないなあ。。。

P1030769

おお!こりゃ、関帝廟か何かでは?この辺りは中華街のようだ。そういえば、見るからに華僑っぽい人たちが歩いていた。

P1030770

P1030771

P1030772

なんとなく気になったお店があったので、入ってみた。コミック屋みーっけ!おまけに日本の漫画が置いてあるぞ!これはオランダ語の漫画が買えるか?・・・よく見たら英語でした。

店の親父が興味深げにどっから来たかとか、話しかけてきた。そりゃ、こんな店に日本人が入ってきて、物色してたら興味持つわな。一冊くらい買いたかったが、全て英語だったので、やめた。英語版は日本でも買えるしなあ。。。

P1030773

いよいよアムステルダム中央駅に戻ってきた。まだ少し時間があるので、駅の近くの聖ニコラス教会に行ってみた。

P1030774

中に入ると、こじんまりとしているが、なかなか厳かな雰囲気でよかった。19世紀に建てられたカトリックの教会である。

さて、少し早いが、微妙なので、空港に向かう。行きと同じく、列車に乗り込む。

P1030777

空港に着くと、空港を散策する。そういえば、昼食を食ってなかった。あまり腹が減っていないので、クロケットというコロッケを食った。売店に設置されたコインロッカーのようなボックスにクロケットが入っており、コインを入れると扉が開き、中のものを取り出せる仕組みだ。見るからに美味しくなさそうな作り置きのクロケットに期待はしていなかったが、意外にも非常に美味かった。こんなものまで美味いとは、今回の旅は本当に食に恵まれた旅であった。

しばらくすると、JINとの集合時間である。ちょいとトイレと歩いていると、偶然にも向こうから歩いてくるJINと再会した。お互い無事を確認し、ホッとしたところで、二人でトイレに駆け込んだ。

聞けば、JINはクロケットを食えなかったらしい。大層悔しがっていた。その代わり、街で美味い食事にありつけたようだ。

それにしても今回は、食の旅であった。多少変なやつもいたが(オースチとか)、基本親切な人が多かったような気がする。そして、中欧は真冬に行くもんじゃないというのも分かった。とにかく寒かった。道路が普通に凍っていたし・・・

昨年と違い、帰りの飛行機も恙無く、運行した。

こうして、関空に着いたのだが、タクシーで実家に急いで帰り、スーツに着替え、親友の古着屋(元古着屋店員)の挙式に行った。しかも、二次会まで出席した。かなりハードであった。

後日談

2月14日(日)に柳川に帰り、仕事をこなし、3月初めに神戸に帰り、古着屋と篠山マラソンを完走し、再び柳川に戻り、さらに仕事をして、またまた神戸に帰り、JINの結婚式に出席し、二次会の幹事の一人として役目を終え、柳川に帰ったとき、インフルエンザと思われる風邪に倒れた。ちと飛ばし過ぎたか・・・

« 中欧旅行記(その46:アムステルダム街歩きⅢ) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅱ(その1:四天王寺Ⅰ) »

オランダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その46:アムステルダム街歩きⅢ) | トップページ | 大阪を歩く!Ⅱ(その1:四天王寺Ⅰ) »